「舐めたがり男子」のクンニをさりげなく回避する丸秘テク9パターン


いくら好きな男性が相手だとしても、「恥ずかしい」「そもそも気持ちよくない」などの理由で自分のアソコを舐められるのが嫌だという方も少なくないのではないでしょうか。そこでクンニ好きの男性の気分を害さずに舐めさせない方法を知るべく、今回は20代から30代の独身女性に聞いた『スゴレン』独自の調査を参考に、「『舐めたがり男子』のクンニをさりげなく回避する丸秘テク」をご紹介します。

  • 【1】上目遣いでおねだりするように「もう挿れてほしいな」

    「女性想いの紳士な男性には効きますね」(20代女性)というように、「僕がしたいから」ではなく「彼女に気持ちよくなってほしい」という理由でクンニをしようとする男性には効果的という意見です。フェラをしばらくしてあげた後に言えば、男性も「もう挿入したい」と考えている可能性も高いので、クンニ回避率が上がるかもしれません。

  • 【2】衛生面を理由にできる「シャワー浴びてないからダメ」

    「『汗いっぱいかいちゃってるし』とか言えば、たいてい舐めるのやめてくれる」(20代女性)というように、不衛生な可能性があることを伝えればあきらめてくれるという意見です。ただし、少数派ではありますが「シャワーを浴びてないからこそ舐めたい」という趣味の男性もいるようですので、相手によっては逆効果の可能性もあるため注意した方がいいかもしれません。

  • 【3】女の子の日であることを理由にする「生理が来そうだから…」

    「不可抗力なことだし、男子もためらうと思う(笑)」(30代女性)というように、月経を理由にすることで男性も納得してくれるという意見です。それでも男性が舐めてきそうな気配を感じたら、「前に途中で血が出てきたことがあったの」などと言えば、彼も口でするのはあきらめてくれるかもしれません。

  • 【4】「恥ずかしすぎて死んじゃう」と赤面しながらやんわり拒否

    「男に『萌え!』と思わせるような声のトーンで言えば回避できる(笑)」(20代女性)というように、相手の男性に「かわいいからやめてあげよう」と思わせるという意見です。意図して顔を赤くするのは難しいかもしれませんので、言いながら両手で顔を覆ってもいいかもしれません。

  • 【5】「君が気持ちよくなってくれることが私の快感」とフェラし続ける

    「奉仕したいタイプの女だって思ってもらえればクンニもされにくい」(30代女性)というように、クンニされるよりフェラしている方がいいということを伝えて、男性に舐めさせないようにするという意見です。挿入後は積極的に騎乗位をしてあげるなどすれば、セリフに説得力も増すのではないでしょうか。

  • 【6】高速手コキで気持ちよくさせて「舐めたい」と言い出すタイミングを与えない

    「『舐めたい』と思う前に『挿れたい』と思わせれば勝ち(笑)」(30代女性)というように、クンニしようと考えるスキを与えないほど攻めの愛撫をし続けるという意見です。手コキ中に「もう挿れたいんじゃない?」などと聞けば、さらにクンニなしで挿入する流れにもっていきやすいのではないでしょうか。

  • 【7】「ずっと指でしてもらうのが一番気持ちいい」と言って手マンを続けてもらう

    「遠回しに『舐める必要はないよ』と伝えるテクです」(20代女性)というように、「彼女をとにかく気持ちよくさせたい」と考える男性には効果てきめんという意見です。特に舌ではとうてい届かないような膣内の深部を指で攻められているとき、最大級に感じているように振る舞えば、男性も「クンニはする必要はないかな」と考えるかもしれません。

  • 【8】「ちょ、やめて(笑)」とくすぐったがりながら股を力強く締めて物理的に回避

    「体では思いっきり拒絶。でも顔や声で冗談っぽさを出せば男も傷つかないでしょ」(30代女性)というように、場の雰囲気を壊さないようにしながら体で抵抗するという意見です。もし相手の男性にヒゲが生えていれば、「ヒゲがアソコに当たったらくすぐったくて死んじゃうよ」と断ることもできるのではないでしょうか。

  • 【9】「前戯中はずっとキスしてたい」とお願いする

    「口を下の方に持っていかせないですむ」(30代女性)というように、キスをせがむことで男性の口を下半身から遠ざけることができるという意見です。「キスが一番感じるの」といったセリフも付け足して言えば、男性も一層キスに集中してくれるようになるかもしれません。

男性がクンニをしたいのは、「自分自身が舐めると興奮するから」という理由と「女性に気持ちよくなってもらいたいから」という理由の2種類に分けられそうです。パートナーがどちらのタイプかを知ることができれば、今回紹介した中でもどのテクニックが有効かを選びやすいのではないでしょうか。(A4studio)
Photo:All images by iStock