恋のライバルは美女!顔以外で勝負に出るための秘策9パターン


同じ男性に恋をしているライバル女性が、自分よりも「美女」だったら…。勝てっこないと諦めたりせず、ルックス以外の魅力で戦うことを考えたほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性92名に聞いたアンケートを参考に、「恋のライバルは美女!顔以外で勝負に出るための秘策」をご紹介します。

  • 【1】自分から積極的に好意を伝え、いち早くデートに誘う

    「女性から熱烈にアプローチされたら、やはり気になる」(20代男性)というように、恋愛において「受身」の男性は意外と多いもの。自分からデートに誘うことで、振り向いてもらえる確率は高まるようです。恋愛の競争は「早い者勝ち」と心得て、ライバルより一日も早く行動に出ましょう。

  • 【2】どんな話でもニコニコ笑顔で聞き、「話しやすい相手」と思ってもらう

    「緊張する美人より、リラックスして一緒にいられる相手がベスト」(20代男性)というように、異性に自然体のコミュニケーションを求めている男性は多いようです。会話をするときはいつも笑顔を心がけて、安心感を与えてあげましょう。

  • 【3】男性の仕事についてよく理解し、「いつも頑張ってるね」と労う

    「仕事を正しく評価してもらえると、俺のことわかってくれてるんだなと思う」(20代男性)というように、女性に対して仕事への「理解」を求める男性は少なくありません。会社の愚痴も丁寧に聞いてあげれば、「よき理解者」だと思ってもらえるようになるかもしれません。

  • 【4】食事は必ず割り勘にするなど、金銭的な負担を感じさせない

    「たとえ美人でも、『奢られて当たり前』と思っている人は嫌い。男女は対等な関係のはず」(20代男性)というように、金銭的な面でも「男女平等」をポリシーとしている男性もいます。自分の食事代をさりげなく手渡すなど、気遣いをアピールしましょう。

  • 【5】デートにお弁当を持っていくなど、手料理を食べてもらう機会を作る

    「美人とはデートしたいけど、付き合うなら家庭的な女性がいい」(20代男性)というように、キチンと付き合う女性には「家庭的スキル」を求める男性が多いようです。デートのランチに手作りのお弁当を持っていくなど、積極的にスキルを見せつけたいところです。

  • 【6】相手の趣味について勉強し、一緒に楽しめるようになる

    「同じ趣味を楽しめる人なら、価値観も一致しそう」(10代男性)というように、女性と趣味を分かち合いたいという人もいます。たとえ未知の分野であっても、一から勉強して知識を増やせば、趣味に関連するデートの提案もしやすくなるでしょう。

  • 【7】困りごとや悩み相談などを持ちかけ、「あなたが頼りなの」と懇願する

    「なんだかんだで『俺が守ってあげなくちゃ』と思える相手に惹かれる」(10代男性)というように、本能的に「頼られたい願望」を持っている男性は少なくありません。あえて弱みをさらけ出して頼ってしまえば、相手にとって「特別な存在」になれる可能性は高そうです。

  • 【8】二人で会うときは普段よりセクシー系の服を選び、妖艶さを強調する

    「本音を言うと、『セクシーさ』と『顔の美人さ』はイコールではないです」(20代男性)というように、男性がセクシーさを感じる基準は、「美人かどうか」だけではないようです。デートのときは普段より露出の多い服を選び、フェロモン全開で挑むといいでしょう。

  • 【9】「ずっと一緒にいたい!」と一途な愛情をストレートに伝える

    「ルックスや好み云々より、真剣に愛情を注いでくれる人が一番いい」(20代男性)というように、「誠実な愛」を真摯に求めている男性は意外と多いようです。打算や駆け引きの結果ではなく、愚直なほどまっすぐに愛を告白することで、真心が伝わりそうです。

恋愛において、ルックスは女性の魅力の一要素でしかありません。勇気を持って行動できれば、その差を覆すことは決して難しくないはずです。(佐藤碧彦)


【調査概要】
期間:2015年8月4日から11日まで
対象:合計92名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock