恋人のいない寂しさが募るクリスマスの過ごし方9パターン


恋人がいないクリスマスはただでさえ寂しいものですが、過ごし方によってはさらに辛いものになってしまうようです。そのような惨事を避けるために、控えるべき行動にはどんなものがあるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性88名に聞いたアンケートを参考に「恋人のいない寂しさが募るクリスマスの過ごし方」をご紹介します。

  • 【1】女友達と人気のフレンチレストランで食事をする

    「カップルだらけの中で浮いていて辛かった」(20代女性)というように、「自分たちだけがカップルでない」という状況では、お洒落なお店での食事も楽しめないようです。少し気楽な雰囲気のお店なら、友達同士の客も多いので、嫌な思いをすることもないのではないでしょうか。

  • 【2】夜景スポットで記念写真を撮る

    「カップルからジロジロ見られる羽目に…」(20代女性)というように、デートスポットでは逆に女性一人のほうが目立つため、いらぬ注目を集めてしまいそうです。夜景やイルミネーション目当てなら、クリスマス前に訪れてはいかがでしょうか。

  • 【3】元カレに「メリクリメール」を送る

    「返事がなかなかこなくて『デートなのかな』と余計に悲しくなってしまった」(20代女性)というように、未練のある元カレと連絡を取ってもロクな結果にはならないようです。もし本当にヨリを戻したいなら、クリスマス前から行動すべきではないでしょうか。

  • 【4】婚活パーティに参加する

    「自分も含めて全員が必死でイタかった」(20代女性)というように、クリスマス当日に出会いを求めると、自嘲的な気持ちになってしまうこともあるようです。クラブなどで開かれるアッパーなパーティなら、逆に非日常なイベントとして楽しめるかもしれません。

  • 【5】一人分だけケーキを買って食べる

    「一人でケーキを食べても全然楽しくなかった(苦笑)」(10代女性)というように、彼氏がいないと、クリスマスらしいことをすればするほど寂しさが募るものなのかもしれません。いっそ定食屋に行って「いつもの夕ごはん」を食べるなど、クリスマスと自分を切り離してみてはいかがでしょうか。

  • 【6】急きょ開かれた合コンに行く

    「『余り者の集まりだね』とか言い合って、自虐的な会になってしまった」(20代女性)というように、マイナス思考のまま合コンに参加しても、あまり良い結果は得られないようです。「こんな日に合コンに来るのだから、男性陣もかなり恋人がほしいはず!」と前向きに捉え、チャンスをモノにしましょう。

  • 【7】大して忙しくもないのに残業をする

    「気を紛らわせたくて残業したものの…」(20代女性)というように、言い訳のように仕事をしても、身が入らない上に寂しい気持ちになるようです。「彼氏ができたら思い切り遊べるように仕事を進めておこう」などと、モチベーションがアップする目標を立ててはいかがでしょうか。

  • 【8】実家に帰って親とクリスマスを祝う

    「『彼氏いないの?』と聞かれて気まずくなった」(20代女性)というように、年齢によっては親も結婚を意識しはじめるため、クリスマスに帰省すると心配されてしまうかもしれません。そこそこの年齢になると特にその危険性が高まるので、「帰省はご法度」と肝に銘じておきましょう。

  • 【9】雰囲気のいいバーで一人で飲む

    「イチャイチャする男女の中でイライラしました(苦笑)」(20代女性)というように、ステキなバーはデートの締めに選ばれがちなので、もっとも見たくない光景を目の当たりにするかもしれません。ただし、行きつけのバーなどがあれば、常連客と気安く話すことができて楽しいのではないでしょうか。

彼氏がいないクリスマスは、「無理をしてクリスマスらしいことをしない」「カップルが出没するスポットに行かない」のが一番かもしれません。他人の目を気にせず、自分の好きなことをして、気分よく過ごせる方法を模索しましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年6月30日から7月7日まで
対象:合計88名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock