あとからじわじわ気になってきた男子へのLINEテク9パターン


せっかく男性とLINE IDを交換したのに、しばらく放置してしまうのは、意外とありがちなこと。あとから連絡を取りたくなったとき、どんなメッセージを送れば不自然に思われずに済むのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性89名に聞いたアンケートを参考に「あとからじわじわ気になってきた男子へのLINEテク」をご紹介します。

  • 【1】「忙しくてなかなか連絡できなくて」と仕事や試験を言い訳にする

    「自分もそういうときがあるので、それなら仕方ないかなと思います」(20代男性)というように、「多忙」は、最も無理のない説明のひとつかもしれません。「決算が終わったから」などと具体的な理由を挙げれば説得力が増すでしょう。

  • 【2】「久しぶり!誰だかわかる?」とクイズ仕立てにして遅れを忘れさせる

    「『誰だったっけ?』と思い出すので精いっぱい」(10代男性)など、唐突な出題で気をそらす作戦です。次々にヒントを出せば、ゲーム感覚でくだけた雰囲気になり、親しさもグンと深まるかもしれません。

  • 【3】「スマホが壊れていてなかなか送れなくてごめんね」と機械のせいにする

    「マシンに弱そうな子だったので、いかにもありそうだと思えた」(20代男性)というように、自分のせいではないというスタンスを貫くのもアリでしょう。とはいえ、IDを交換したときのスマホ操作がスマートだったりすると、疑われる可能性もあるので、気をつけたほうがよさそうです。

  • 【4】「最近どう?仕事忙しい?」と気楽に近況を尋ねるノリで押し切る

    「思わず『割とヒマだよー』と答えていた」(20代男性)など、特に「遅くなった」と断らずにノリ良く会話に誘う戦法です。「忙しかったらスルーしてね」と相手の状況を気遣う姿勢を見せると、「いい子だな」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【5】「あのとき話した漫画の新刊が出たよ」と興味のありそうなニュースにかこつける

    「速攻で『教えてくれてありがとう!』と返信した」(10代男性)というように、相手の関心が高いキャッチーな話題を投げかけるのもよさそうです。速報であればあるほど、なぜこのタイミングで連絡したかを納得してもらいやすくなるでしょう。

  • 【6】「LINE交換したの忘れてて今頃になっちゃった」と自分の不注意を詫びる

    「あまりにも素直で、かわいいなと思った」(20代男性)など、連絡が遅れたことを正面から謝るのも、意外に好印象のようです。「ふと見たらIDが残ってたから、嬉しくなって」と上手にフォローすれば、相手も気を悪くすることはないでしょう。

  • 【7】「あのときはそうでもなかったのにだんだん気になって」と正直に告白する

    「『何が気になったんだろう?』と、こっちも気になってきました」(20代男性)というように、第一印象はさほどでもなかったことを白状してしまうのも、相手の心をつかみそうです。男性がのってくれば、初デートにこぎつけられる可能性もあるでしょう。

  • 【8】「この間、彼氏と別れてヒマになったので」とフリーになったことをアピールする

    「『彼氏と別れたら連絡くれるってどういう意味?』とドキドキした」(10代男性)など、最初から恋愛モードを匂わせてみると、男性にその気がある場合、話が早そうです。相手がさほど乗り気でなければ、友達モードにチェンジしたほうが良いかもしれません。

  • 【9】「一目で気に入ったのに恥ずかしくて連絡できなかった」とシャイさを前面に出す

    「『かわいいじゃん!』と感動しました!」(20代男性)というように、好意を隠さずに表してしまうのも、場合によってはありかもしれません。「実は俺もそうだった」と返ってくれば良し。淡泊な返事しかなければ、その先は期待しないほうが良さそうです。

とぼけて別の話題で注意を引くか、あるいは正面から謝るなり説明するなりするか、自分のスタンスを決めてから、勇気を出してメッセージを送りましょう。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2015年8月4日から11日まで
対象:合計89名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock