本当は彼氏のことが好きなのに…「浮気願望」が湧く瞬間9パターン


ステキな彼氏がいるのに「浮気心」が芽生えてしまったら、過ちを犯さないようしっかり自制したいもの。どんなときに気持ちが揺らぐのかを知っておけば、自分をコントロールしやすくなるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性89名に聞いたアンケートを参考に「本当は彼氏のことが好きなのに…『浮気願望』が湧く瞬間」をご紹介します。

  • 【1】何度も連絡しているのに、彼氏からいっこうに返事が来ないとき

    「ムカつくのと心配なのとで落ち着かなくなって、気を紛らわせたくなる」(10代女性)というように、彼氏との連絡が途絶えて不安になり、誰かに甘えたくなるケースです。「このモヤモヤを解消できるのは彼氏だけ」だと言い聞かせて、衝動を抑えましょう。

  • 【2】彼氏が見知らぬ女性と楽しそうに話しているのを目撃したとき

    「事実関係を確認する余裕もなくカチンときて、『浮気してやる!』とか思ってしまう」(20代女性)というように、嫉妬にかられて「浮気」の二文字が浮かんでくるケースです。「彼氏のことを好きな証拠」だと思えば、すぐに冷静になれそうです。

  • 【3】新しい恋にときめく友人を見て、心底羨ましく感じたとき

    「別の男性に恋してあのドキドキをまた味わうのもいいなあ…ってつい妄想!」(20代女性)というように、恋愛初期のときめきが懐かしくて、「よそ見」したくなるケースです。彼氏と出会った頃を思い出すと、想いを新たにできるかもしれません。

  • 【4】二人の関係に安心しきっている彼氏に、刺激を与えたいとき

    「無関心な態度を取られたら、ヤキモチを焼かせたくなる!」(20代女性)というように、緊張感のない交際を続ける彼氏にカツを入れるために、浮気を企てたくなるケースです。本当に浮気するといざこざが起きそうなので、見せかけだけで十分でしょう。

  • 【5】自分に好意を寄せる男性と予想以上に会話が盛り上がったとき

    「気の合う相手に好かれたら『この人もいいな』って目移りしてしまう!」(10代女性)というように、別の男性といい雰囲気になって、よろめいてしまうケースです。相手にキュンとしたとしても、その場で思い切った決断はせず、様子を見るのが賢明でしょう。

  • 【6】彼氏に浮気未遂を起こされて、仕返ししてやりたくなったとき

    「もし裏切られたら、『同じ思いを味わわせてやるー!』ってヤケになるかも」(20代女性)というように、彼氏への報復として「浮気」を選択するケースです。実行に移したら争いが泥沼化しそうなので、罰を与えるなら別の方法がいいかもしれません。

  • 【7】彼氏と長期間会えず、寂しさがピークに達しそうなとき

    「浮気したら後悔すると思うけど、遠距離だと精神的にギリギリになることがあるので…」(20代女性)というように、彼氏がそばにいない日々に耐え切れなくなるケースです。浮気に逃げるより、思い切って会いに行くことを考えたほうが前向きでしょう。

  • 【8】落ち込んでいる最中に、彼氏以外の男性から優しくされたとき

    「絶妙なタイミングで慰められたら、拒める気がしない…」(10代女性)というように、弱っているときに手を差し伸べられて、浮気心がうずいてしまうケースです。仲のいい男友達などの前では、一線を越えないよう気を引き締める必要がありそうです。

  • 【9】この人が結婚相手で本当にいいのか、漠然と不安を感じたとき

    「将来のことを考えると、『もっといい人がいるかも…』と気持ちがぐらつく」(20代女性)というように、彼氏との結婚に迷いが生じて、ほかの選択肢がチラつくケースです。浮気で見定めようとしても混乱を招くのがオチなので、別の解決策をあたったほうがいいでしょう。

交際が順調でも、「魔が差すタイミング」は随所に潜んでいそうです。誘惑に負けてうっかり実行してしまわないよう、しっかり自制しましょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2015年6月30日から7月7日まで
対象:合計89名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock