そんなことまで!?男性をギョッとさせる「女子会トーク」9パターン


女子会で繰り広げられる「女子トーク」は、その赤裸々さ加減から外野に大きなショックを与える場合があるようです。特に男性をドン引きさせる話題については、たとえ彼氏であっても秘密にするのが親切かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性115名に聞いたアンケートを参考に「そんなことまで!?男性をギョッとさせる『女子会トーク』」をご紹介します。

  • 【1】結婚相手に求める厳しすぎる条件について

    「シビアな現実を見せられた気持ちになる」(20代男性)というように、結婚相手に対する「本音ベースの条件」は、男性が聞きたくない女子トークの筆頭かもしれません。笑えない類の話なので、自分の意見でなくても男性には明かさないほうが賢明でしょう。

  • 【2】彼氏との生々しい夜の生活の実情について

    「そんなことまで話しちゃうのかー、と大ショック」(20代男性)というように、夜の営みについては「二人だけの秘密」にしたいと考える男性が多いようです。「バカにされたかも…」と落ち込む男性もいるので、話した事実があっても否定し続けたほうがいいでしょう。

  • 【3】えげつない他人の悪口について

    「女子の陰湿な部分は見たくない」(20代男性)というように、女性にクリーンな印象を持っている男性にとって、ネガティブなトークはNG事項であるようです。ただし、「ストレスがたまってて仕事の愚痴大会になった」程度の言い方であれば、問題ないのではないでしょうか。

  • 【4】実は狙っているほかの男子について

    「彼女がそういうトークに加わってたらと思うと怖いです」(20代男性)というように、女子の赤裸々な恋バナは、男性の夢を壊すものかもしれません。自分のモラルまで疑われかねないので、好印象を維持したければ、バラさないほうがいいでしょう。

  • 【5】彼氏に対する不満について

    「けちょんけちょんに言われてそうでドキドキです(苦笑)」(10代男性)というように、自分がやり玉に上げられていると思うと、気が気でない男性もいるようです。「恋愛相談をした」という程度の発言でも深読みされかねないので、ナイーブな男性と交際している場合は特に注意しましょう。

  • 【6】忘れられない元カレについて

    「比べられてるのかなぁと思ってしまう」(20代男性)というように、元カレをライバル視する男性は多いため、その彼が話題になっているとわかれば嫉妬心がわいても当然でしょう。愛情を疑われるきっかけにもなりかねないので、焼きもちを焼かせる目的でなければ隠し通したほうがよさそうです。

  • 【7】下ネタや性に対する願望について

    「女子にはそういう話をしてほしくない!」(10代男性)というように、女性に対してある種の夢を抱いている男性にとって、性に関する話題はタブーだと思ったほうがよさそうです。どこからバレるかわからないので、「今の話は内緒ね」と友達にも釘を刺しておきましょう。

  • 【8】年収や顔など彼氏のスペックについて

    「どんな感想を持たれているのやら…」(20代男性)というように、彼氏の肩書きや条件に関するネタは、「品定めされている」と疑われても仕方がないでしょう。「すごい一流大学だってみんな褒めてたよ」などのポジティブな感想だけなら、伝えてもいいかもしれません。

  • 【9】脱毛やダイエットなど体のお手入れについて

    「男子禁制の話題は知らないに限ります(苦笑)」(20代男性)というように、体の女子的メンテナンスについての話題に、「裏事情を知りたくない!」と拒否反応を示す男性もいるようです。ただし、「美容情報を交換する」などと言い方を工夫すれば、問題ないのではないでしょうか。

男性関係について、彼氏のスペックについて、下ネタについてなど、男性が知りたくない女子トークはかなり広範囲に及ぶようです。「男の夢を壊さない」という視点でジャッジすれば、自ずと明かしてはいけないものが判明するのではないでしょうか。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年6月30日から7月7日まで
対象:合計115名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock