男性がフェラ中に言われると思わず「たまらん」と思う一言9パターン


好きな彼に気持ちよくなってもらうための口でのご奉仕ですが、プレイ中にちょっとしたセリフを言うだけで男性の興奮度がさらに急上昇することもあるそうです。そこで意中の相手をさらに喜ばせるべく、今回は20代、30代の男性に聞いた「男性がフェラ中に言われると思わず『たまらん』と思う一言」を紹介します。

  • 【1】上目遣いで確認されると興奮度が増す「気持ちいい?」

    「男に気持ちよくなってもらいたいからこそ気になるんでしょうね。その心が嬉しい」(30代男性)という意見があるように、問いかけることで彼への気持ちも伝わるようです。さらに「○○君が気持ちよくなってくれると私ももっと興奮しちゃうよ」などと付け足せば、彼も一層「たまらん!」と思ってくれるかもしれません。

  • 【2】とろんとした目をしつつ「○○君のおいしいよ」

    「いい意味で『めっちゃエロい女だな』って思うので」(30代男性)というように、味覚で表現することで、男性にゾクゾクするほどの色気を感じさせられるようです。逆にクンニされているときに、「私の、おいしい?」と尋ねると、淫靡な雰囲気が増してまた男性を喜ばせることができるかもしれません。

  • 【3】自分のサイズに自信がもてる「こんな大きいの咥えられるかな」

    「ちょっと戸惑いながら微笑まれたら最高です!」(30代男性)というように、「大きい」と言われて嬉しく思う男性は多いようです。さらに「コレが私の中に入ってきたらめちゃくちゃ気持ちよさそう」などと言えば、男性はその後のプレイでハッスルしてくれるのではないでしょうか。

  • 【4】例え自分のサイズが小さくても嬉しくなる「すごい、どんどん硬くなるね」

    「お世辞でも言われて喜ばない男はいないんじゃない?(笑)」(20代男性)というように、大きさに自信のない男性相手でも気兼ねなく言える褒め言葉のようです。本当にかなり硬い場合は、「こんなに石みたいにカチコチになるものなんだ!?」などと初体験の驚きを伝えれば、男性も満足げな反応をするのではないでしょうか。

  • 【5】小悪魔のように微笑みながら「どこをどう舐められると感じるの?」

    「ちょっとSっぽく言われるとたまりません!」(20代男性)というように、あえての上から目線によって男性のM気質が呼び覚まされることもあるようです。男性がリクエストしてきたら「そんなふうに舐められたいんだ……変態だね♪」とからかうように言うと、男性は一層M心をくすぐられるのではないでしょうか。

  • 【6】挿入の前に興奮が抑えきれなくなる「このままお口の中に出してもいいよ」

    「挿れたいけど口の中に出したい気持ちもあり……嬉しい悩みが発生します」(30代男性)というように、男性に幸せな葛藤を与えられるセリフとなるようです。「今日はまだまだ時間に余裕あるから2回戦もできるでしょ?」と付け加えておけば、男性も心置きなく口内発射できるのではないでしょうか。

  • 【7】手をオッパイの方に誘導され「お願い、触ってて」

    「自分だけ気持ちよくなってるのも申し訳ないから全然アリ!」(20代男性)というように、ギブ&テイクで対等な関係になれると歓迎する男性も。しゃぶりながらも「あ、そこ、いい……」など胸を触られているリアクションもしてあげると、男性はさらに興奮するのではないでしょうか。

  • 【8】切なそうな表情で「もう我慢できないよ……早く挿れて」

    「舐めてたことで『我慢できない』ほどムラムラしちゃったってのが嬉しい」(20代男性)というように、フェラ終了希望の宣言であっても男性のテンションを上げられるようです。さらに「もう私は濡れ濡れだから準備OKだよ」などと言えば、男性はすぐにでも挿入したくなるかもしれません。

  • 【9】ジュポジュポ音を立てながら「…………(あえての無言)」

    「夢中でしゃぶってくれている感じがしてますます好きになっちゃいます」(30代男性)というように、あえて何も言わないことで男性を「たまらん!」と思わせることも。口内にツバを溜めながらフェラするとジュポジュポとエッチな音が立ちやすいので、試してみるといいかもしれません。

フェラで男性を満足させることができれば、その後のプレイで男性側もたっぷりご奉仕をしてくれるようになるかもしれません。相手を気持ちよくさせたいという思いから相乗効果が働き、自分のエクスタシーへ繋がるとも考えられますので、男性が喜ぶフェラを研究してみてもいいのではないでしょうか。(A4studio)
Photo:All images by iStock