親密度アップ!デート中の王道スキンシップ9パターン


体の距離は、心の距離。デート中に「触れ合う」機会を増やせば、気になる男性と今よりもっとラブラブになれるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性167名に聞いたアンケートを参考に「親密度アップ!デート中の王道スキンシップ」をご紹介いたします。

  • 【1】「ひと口ちょうだい!」と、相手のデザートを味見する

    「平静を装って受け入れるけど、内心はテンションぶち上げ!」(10代男性)というように、間接キスを意識させる行為で男性の心を揺さぶるパターンです。唾液のベチャベチャ感が出てしまうアイスクリームより、ケーキなどの固形物を狙ったほうが、お互いに気分を害することなく実践できるでしょう。

  • 【2】「もっと近づこうよ」と、プリクラを撮るときに体を寄せる

    「シャンプーの良い匂いにクラクラ!幸せな気分に」(10代男性)というように、プリクラで自然と至近距離になれば男性を悩殺することができそうです。アホなポーズを指示して空気を盛り上げたら、最後はどさくさに紛れて手をつないで撮ってしまいましょう。

  • 【3】「わ!びっくりした?」と、相手を急に押して驚かせる

    「小学生レベルの無邪気な感じが楽しい」(20代男性)というように、計算を感じさせない子どもっぽいスキンシップを好む男性もいます。ちょっとしたいたずらもカワイイと思ってもらえるように、行ったあとの「テヘペロ顔」を練習しておきたいところです。

  • 【4】「やばい怖すぎる」と、ホラー映画を観ながら相手の袖を引っ張る

    「待望の瞬間!守ってあげたい気持ちが最高潮に!」(20代男性)というように、頼るように男性の体に触れれば使命感を刺激することができそうです。事前にビビりなキャラをアピールしておけば、相手のほうから手を握ってくれるのではないでしょうか。

  • 【5】「眠くなってきた」と、電車でさりげなく肩に頭を乗せる

    「『疲れ』も共有できる気がして嬉しい」(20代男性)というように、デート中の「居眠り」も、体が触れ合っていればラブラブな時間を演出できそうです。慣れてきたら、「おんぶして」とリクエストするなど、ときには思い切り甘えてみるのもいいスパイスになるでしょう。

  • 【6】「ちょっと待って」と、混雑した場所で慌てて手を握る

    「『もう離さない』と、握った手を大切にしたくなる」(10代男性)というように、人混みで手を握ることに特別な価値を見出す男性もいるようです。あらかじめ指先を風に当てて冷やしておけば、「俺が温めてやる」とやる気を出してもらえるかもしれません。

  • 【7】「あれ?髪が跳ねてるよ」と、やさしく頭を撫でる

    「優しさに包まれた気分になる!」(20代男性)というように、ときにはお母さんのようにやさしく触れてあげるのもアリでしょう。昔から定番のハンドクリームを塗っておけば、嗅覚からも「母性」を印象付けられそうです。

  • 【8】「誰もいないね」と、キスOKのサインを出す

    「キスは自分からしたいから、受け入れ体勢を示してくれると嬉しい」(10代男性)というように、男性に大胆な行動を促す身のこなしも歓迎されているようです。人混みの中でキスしやすい向きに相手の体を動かすなど、上手にリードして動揺を誘いましょう。

  • 【9】「じゃあ、またね!」と、別れ際に軽快なハグをする

    「家に帰ったあとも、ずっと余韻が残る」(10代男性)など、難易度の高いハグも「やり逃げ」が可能な別れ際なら実践しやすく効果も絶大かもしれません。「今日はありがとう」と感謝を示すようなセリフを囁けば、お互いにハッピーな気分でデートを締めくくることができそうです。

自然な雰囲気や、必然的な理由があれば、男性はデートでのスキンシップを喜んでくれるようです。照れずに挑戦すれば、距離をグッと縮められるでしょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2015年5月7日から14日まで
対象:合計167名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock