初対面の男性に「運命の相手かも…」と感じさせるテク9パターン


「運命の相手」とはそう簡単には出会えないもの。とはいえ、工夫次第で初対面の男性に「特別ななにか」を感じさせることができるなら、試してみる価値はあるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性111名に聞いたアンケートを参考に「初対面の男性に『運命の相手かも…』と感じさせるテク」をご紹介します。

  • 【1】ハッとした表情で相手を見つめ、慌てて視線をそらす

    「『私はあなたに特別なものを感じたよ!』って目でアピールする」(10代女性)というように、目線をコントロールして、「運命的な出会い」を演出するパターンです。相手をチラ見したり、目が合った瞬間にはにかんだりすると、うまい具合に気を引けそうです。

  • 【2】自己紹介する男性をじっと見据え、興味深そうに耳を傾ける

    「周りがガヤガヤしてても自分だけは熱心に聞き入って、1対1で話してる気分にさせる!」(20代女性)というように、「聞く姿勢」に気を配ると、相手に特別な印象を残せそうです。聞きながら、あとで会話が弾むようなネタもいくつか拾っておきましょう。

  • 【3】親しげな態度で問いかけに応じ、「初対面なのに話しやすい」と思わせる

    「仲のいい友達にするみたいに接したら、緊張とか遠慮を取り払えそう」(20代女性)というように、親しみを感じてもらうために、意識的にフランクに応対するのもよさそうです。ただし、あまりに無遠慮だと引かれてしまいそうなので、言葉遣いは丁寧なほうがいいでしょう。

  • 【4】男性が口を開いた瞬間を見計らって、わざと同時に話し出す

    「『あ、お先にどうぞ』なんてお互い照れ笑いしたら、気持ちが近づくと思う!」(10代女性)というように、行動を起こすタイミングを合わせると、「相性のよさ」を感じてもらえるかもしれません。同時に席を立つ、同じ皿に箸を伸ばすなども、効果がありそうです。

  • 【5】共通の趣味をひとつでも発見したら、それについてディープに話し込む

    「会話が弾めば、さらに強く運命を感じてもらえるはず」(20代女性)というように、「話が合う!」と思わせるには、ポイントを絞って攻めるとよさそうです。会話をリードするのが苦手なら、聞き役に徹して相手のペースに乗ってあげると、「一緒にいて楽しい」と思ってもらえるでしょう。

  • 【6】あとで「偶然の再会」を演出できるよう、通勤通学のルートを探る

    「何度もバッタリ出会ったら、さすがになにか感じてくれるでしょ!」(10代女性)というように、相手がよく行く場所をリサーチしておけば、後日、もはや運命としか呼べないような「鉢合わせ」を仕組めるでしょう。相手と生活圏が近いなら、実行に移しても不自然ではなさそうです。

  • 【7】「普通にまた会いたいですよね」と当然のように連絡先を交換する

    「『私たち二人なら教え合うのが自然』って空気に持っていく!」(10代女性)というように、少しの工夫で、連絡先を聞き出す際の印象も大きく変わるようです。「あ、そういえば…」などとさりげなく申し出ると、重々しさが軽減されそうです。

  • 【8】「駅まで急ぎましょう!」とお互いの鼓動を速め、恋の始まりだと錯覚させる

    「『間に合った!』ってドキドキしながら微笑み合ったら、一体感が生まれるかも!」(20代女性)というように、心臓の高鳴りを「ときめき」と勘違いさせる作戦です。それまでの雰囲気がよければ、気持ちを盛り上げるいいスパイスになりそうです。

  • 【9】別れたらすぐ「初対面だとは思えませんでした」とLINEやメールを送る

    「感想と称して、暗に『これは運命!』とダメ押しする(笑)」(20代女性)というように、万全を期すのであれば、その日のうちにトドメの連絡をするといいでしょう。「運命」だと強すぎて身構えさせてしまうおそれもあるので、ソフトな表現のほうが安全かもしれません。

少し思い切れば、誰にでもできるテクニックがほとんどのようです。うまく行けば、急速に相手との距離を縮められるでしょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2015年5月7日から14日まで
対象:合計111名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock