オシャレに自信がある男性のプライドをくすぐる褒め言葉9パターン


自分がこだわっているポイントを褒められたら、誰でも嬉しくなってしまうもの。気になる男性が「俺はオシャレだ!」と自負するタイプなら、喜びそうなツボを押しまくりたいところです。そこで今回は10代から20代の独身男性158名に聞いたアンケートを参考に「オシャレに自信がある男性のプライドをくすぐる褒め言葉」をご紹介します。

  • 【1】流行感度を褒める「トレンドを上手に取り入れてるね」

    「流行に振り回されるのはダサいけど、『わかっててやってる』感が伝わると嬉しいですね」(10代男性)というように、時流に合わせつつ自分らしさを失わない着こなしを褒めるパターンです。発言に信憑性を持たせるには、「今のトレンド」を押さえておく必要があるかもしれません。

  • 【2】ギャップを褒める「スーツ姿より私服のほうがイケてるね」

    「オフの着こなしを評価されるのは、素の自分を褒められたのと同じですから」(20代男性)というように、仕事着と普段着のギャップに驚いてみせるのもよさそうです。とくに社会人経験が浅く、スーツの着こなしに自信がない男性には喜ばれるでしょう。

  • 【3】キャラ立ちを褒める「その着こなしは○○君しかできないよ」

    「オリジナルな部分を見てくれるのは『おおーっ』と思います」(20代男性)というように、見ようによっては奇抜な着こなしを、「誰も真似できない」と言い換えるのもアリでしょう。「オシャレは冒険だ」みたいなことを言っている男性には刺さるかもしれません。

  • 【4】着回しを褒める「バリエーション出すのうまいよねー」

    「愛用しているアイテムまで知ってるなんて、いつも見てくれているんだなって思います」(20代男性)というように、着回しのセンスを褒めると、「普段から気にしていること」もそれとなく伝わるかもしれません。デニムシャツなど、使い回しやすいアイテムをチェックしておくといいでしょう。

  • 【5】チョイスを褒める「アイテム選びが絶妙だね」

    「僕は外(はず)しまで考えていますからね」(10代男性)というように、色や素材、アイテム選びのバランスを褒めるパターンです。真っ赤なスニーカーなど個性派アイテムを好んで取り入れる男性には、「分かってる!」と思われるでしょう。

  • 【6】オシャレな人と比べて褒める「ショップ店員よりイケてる!」

    「プロよりいいと言われたら悪い気はしません(笑)」(20代男性)というように、男性が一目置く相手よりも「イケてる」と表現するのもよさそうです。人気モデルや有名美容師など、彼に刺さる「比較対象」を挙げてみましょう。

  • 【7】全体的な印象を褒める「いつもより男っぽく見えるね」

    「イメージを変えたつもりだったので、それが伝わって嬉しいです」(10代男性)というように、どこがどうオシャレなのかうまく言葉にできないときは、抽象的な言葉で褒めるのもいいでしょう。「セクシー」「ワイルド」「知的」など男性が喜びそうなワードを選ぶと無難そうです。

  • 【8】一つのアイテムに的を絞って褒める「それ、どこで買ったの?」

    「『私も欲しい』みたいに言われるとテンション上がります」(20代男性)というように、センスのいいアイテムに興味津々の態度を示すのも、男心をくすぐるようです。時計、バッグ、帽子、靴など、その人が着こなしのポイントに持ってきているモノを狙いうちしましょう。

  • 【9】恋人目線で褒める「隣を歩くとき、ちょっと鼻が高いかも」

    「女ウケするファッションってことですよね」(10代男性)というように、「恋人として見た場合どうか」を語る間接的な褒め方です。デートの集合場所などでサラリと言えると、その日一日、上機嫌で過ごしてもらえるのではないでしょうか。

トレンド、ギャップ、キャラ立ち、着こなしなどなど、多彩な切り口で褒めることができそうです。気になるオシャレ男子にぜひお試しあれ。(外山武史)


【調査概要】
期間:2015年5月7日から14日まで
対象:合計158名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock