合コンのチームワークをかき乱す「暴走女子」の止め方9パターン


お互いアシストしあったり、さりげなくブロックに協力するなど、合コンの成功にはチームワークが不可欠です。万一、メンバーのなかに、なりふりかまわず狙った男性に突撃したり、仲間の足を引っ張ったりする暴走女子がいた場合、どう対処するといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性118名に聞いたアンケート調査を参考に「合コンのチームワークをかき乱す『暴走女子』の止め方」をご紹介します。

  • 【1】徹底的にお酒を飲ませて黙らせる(もしくは飲ませない)

    「とりあえず寝かせてしまえばいい」(20代女性)というように、ハイペースで飲ませて自滅させるパターンです。酒癖の悪い人には逆効果になるおそれもあるので、その場合はむしろ「飲ませない工夫」をしたほうがいいかもしれません。

  • 【2】端っこの席に追いやって誰か大人しい男性をあてがう

    「頻繁に席替えをしていつのまにか端っこにいてもらう」(20代女性)というように、隅の席で男性にブロックしてもらうパターンです。この作戦には男性陣の協力が不可欠なので、幹事同士で連携するのがポイントでしょう。

  • 【3】みんなでゲームをはじめて余計なことをさせない

    「雑談からゲームに持っていって黙らせる」(20代女性)というように、ゲームに強制参加させて、勝手な行動を牽制するパターンです。ただし、すでにその人が酔っ払ってしまっていると、ルールが覚えられずにグダグダになるかもしれません。

  • 【4】「ごめんね、付き合って」とトイレの道連れにする

    「いったんトイレでヤキを入れる(笑)。それは冗談ですけど、冷静になってもらう」(20代女性)というように、いったんトイレでクールダウンさせるパターンです。「男の子たちあのセリフにドン引きしてたよ?」と自分を客観視させる材料を用意していくとベターでしょう。

  • 【5】「そういや、元カレ元気にしてる?」と都合の悪い話題を振る

    「爆弾発言が多い女子にはこれが効く」(20代女性)というように、暴言を止めるために毒をもって毒を制すパターンです。「そういうあなたも、先週の合コンの彼とどうなったの?」と反撃されるおそれもあるので、清廉潔白な女子が矢面に立ったほうがいいでしょう。

  • 【6】料理のとりわけ係や酒の注文とりまとめをお願いする

    「忙しくしてもらってしゃべる隙を与えない」(20代女性)というように、雑務を一手にお任せして会話に入る余裕をなくすパターンです。もっとも酔っ払った暴走女子の場合、オーダーがちゃんと通っていなかったり、大量の注文をしてしまうかもしれないので監視は必要でしょう。

  • 【7】質問攻めにして、自発的な発言を封じる

    「きっとその場の主役になりたいはず。だったら質問攻めにしちゃっていい気分にさせる」(20代女性)というように、とことん持ち上げてちやほやするパターンです。ひとしきり注目を浴びれば、満足して大人しくなるかもしれません。

  • 【8】さっとカラオケに移動してひたすら歌わせる

    「エネルギーが有り余っているならマイクで発散させる」(20代女性)というように、とにかく騒ぎたいだけの暴走女子にカラオケを歌わせるパターンです。実質的に合コンは続いていても、多少は彼女の歌を聴いているふりをしてあげたほうがいいでしょう。

  • 【9】混乱に乗じて面倒な男性メンバーとくっつけてしまう

    「向こうの暴走男子とくっつけてしまう」(20代女性)というように、面倒くさい者同士で縁談をまとめてしまうパターンです。「お似合いじゃーん」「一緒に帰りなよー」などとけしかけてみれば、少しは冷静になってくれるかもしれません。

ともあれ暴走を止めるには「発言を減らす」「冷静にさせる」ことが大切なようです。こんなことにチームワークを使いたくはありませんが、男女一体で望めば妙な連帯感で合コンが盛り上がるかもしれません。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2015年5月7日から14日まで
対象:合計118名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock