美人が多そう!と期待してしまう花形スポーツ9パターン


「サッカー部出身」と聞くと、男性の魅力が底上げして聞こえるように、女性にも経験者というだけで「美人かも?」と期待されてしまう、得なスポーツがあるようです。それさえ押さえておけば、サークル選びの際などに役立つかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性158名に聞いたアンケートを参考に「美人が多そう!と期待してしまう花形スポーツ」をご紹介します。

  • 【1】スコートが爽やかな「テニス」

    「単純に、プレイする姿がステキだと思う」(20代男性)というように、ほかのスポーツシーンではあまり見かけない「ミニスカート」風のテニスウェアは、観戦する男性のテンションを否応なしに上げるようです。プライベートで楽しむ場合も、恥ずかしがらずにスコートを着用するといいでしょう。

  • 【2】健康美の代表格「ゴルフ」

    「日に焼けた肌が健康的で好きです」(20代男性)というように、ゴルフをプレイする女性のよく焼けた肌に、魅力を感じる男性は多いようです。コースに出るときはブロンズ肌によく合うビビッドカラーのウェアを着ると、さらに魅力が引き立つのではないでしょうか。

  • 【3】美人選手のイメージが強い「ビーチバレー」

    「実際、プロにはきれいな選手が多いですし…」(20代男性)というように、メディアに登場する人気選手の印象から、その競技自体の「美人イメージ」が上がるケースです。アイドル的な選手がいるスポーツには、世の男性の注目が集まりやすいと考えたほうがいいでしょう。

  • 【4】スタイルのよさは確実!「水泳」

    「太ってる人はいないから、スタイル重視ならこれ!」(10代男性)というように、水泳選手ならではの伸びやかな肢体に期待を寄せる男性は多いようです。ダイエット効果を考えて、今から趣味に取り入れてもいいかもしれません。

  • 【5】躍動感のある動きが魅力的な「新体操」

    「マンガのヒロインが打ち込んでるスポーツって感じ。容姿のいい子がやってそう」(20代男性)というように、実物を見たことがなくても、マンガや小説などの影響で「かわいい女子がやっている」と印象づけられているパターンです。話題の少年マンガに目を通すと、最新の男子ウケスポーツがわかるのではないでしょうか。

  • 【6】大和撫子の凛とした美しさがある「弓道」

    「袴姿がカッコいい」(20代男性)というように、弓を引く際のきりりとした佇まいに日本女性ならではの魅力を見出す男性もいるようです。和装が映える切れ長の瞳や黒髪の美しさに自信がある人は、薙刀などの古武術にトライしてみるのもいいのではないでしょうか。

  • 【7】華やかな衣装がかわいい「チアリーディング」

    「スポーツ観戦の楽しみのひとつです」(20代男性)というように、大学対抗戦などで登場するチアガールは、アクロバティックな動きと可憐な出で立ちで男性の心を魅了するようです。学内でちょっとしたアイドル気分も楽しめるので、目立ちたい人は挑戦してもいいでしょう。

  • 【8】お嬢様がやっていそうな「ラクロス」

    「女子大のお家芸って感じがします!」(20代男性)というように、ラクロスはどこの大学にもあるサークルではないため、「育ちのいい女子がたしなむスポーツ」だと思われているようです。お嬢様イメージを追うなら、乗馬などもよさそうです。

  • 【9】華奢で可憐なイメージがある「バレエ」

    「バレリーナは美人に決まってる(笑)」(10代男性)というように、身の回りに本物がいないがために妄想が広がるケースです。「バーオソル」などバレエの要素を含んだエクササイズも人気なので、今からでもはじめてみてはいかがでしょうか。

マンガのヒロインや美人選手のイメージなど、完全に想像で「美人が多そう」と思われているケースが多いことがわかりました。男子ウケを狙うなら、男子と接点の多いマンガなどからイメージを探ったほうがよさそうです。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年5月7日から14日まで
対象:合計158名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock