元カノに頼られたら「聞きたくない」とは言えない相談9パターン


元カレとヨリを戻したい!と思っても、いきなり再接近を図るのは難しいもの。アプローチのきっかけとして、拒否されにくい「お願いごと」を持ち掛ければ、やりとりの復活は可能になるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性123名に聞いたアンケートを参考に「元カノに頼られたら『聞きたくない』とは言えない相談」をご紹介します。

  • 【1】「そっちに私のピアスない?」など、遺失物捜索のお願い

    「忘れ物の確認なら、面倒でもスルーできませんよね」(20代男性)というように、「事後処理」にからむ頼みなら、すんなり応じてもらえそうです。ただし、別れて時間がたってからだとやや不自然なので、タイミングは考えたほうがいいでしょう。

  • 【2】「男の人ってこういうお店好きかな?」など、気軽に返答できそうな質問

    「普通に友達として答えられるレベルの話なら、ぜんぜんOK!」(10代男性)というように、責任や重圧を感じさせない相談をするのもよさそうです。ただし、返事をもらったとたんに突っ込んだ話を始めると、当初の意図がバレてしまうので、慎重に対処しましょう。

  • 【3】「試験対策ってどんなことをやってる?」など、共通の目標に関する疑問

    「もう彼女ではないけど、仲間として情報交換できればこっちもありがたい」(10代男性)というように、双方にとって有益だと判断されそうな話なら、乗ってもらいやすいかもしれません。耳寄り情報をお知らせし合えば、継続してやりとりできそうです。

  • 【4】「PCがどうしても起動しなくて…」など、自分の得意分野にまつわる相談

    「『あなたほど詳しい人はいないから』って言われたら、悪い気はしない」(20代男性)というように、元カレの自尊心をくすぐるのもよさそうです。交際当時を思い出して相手のツボを突けば、期待以上に親身になってもらえる可能性もあるでしょう。

  • 【5】「本当にごめん!今日だけ手伝って!」など、切羽詰まったヘルプ要請

    「相手が困ってたら無視できないし、時間がないならなおさら断りづらい!」(20代男性)というように、のっぴきならない状況をアピールして、OKさせてしまう手もあります。その後、「お礼しないと気が済まない」などと誘ってしまえば、ふたりで会うことも可能でしょう。

  • 【6】「親友が急に冷たくなってつらい…」など、共感を誘う人間関係の悩み

    「思わず同情するような話だったら、やっぱかわいそうだし、助けたくなる」(10代男性)というように、真剣な悩みをぶつけることで、関心を引く方法です。元カレが正義感の強いタイプなら、遠慮せずに頼ったほうが効きそうです。

  • 【7】「ストーカーに狙われてる気がする」など、知人として見過ごせない問題

    「『標的になってるかも…』と言われたら、放ってはおけない!」(20代男性)というように、身の危険を感じるほどのトラブルには、敏感に反応してもらえそうです。とはいえ、相手の親切心を期待するなら、どんなに気を引きたくても話を盛りすぎないよう注意しましょう。

  • 【8】「両親のことを話せる人がほかにいなくて…」など、深刻な家族の話

    「事情を知ってる人にしか言えないこともあるから、聞くだけでいいなら聞くと思う」(20代男性)というように、プライベートな悩みを打ち明けるのもよさそうです。弱っている姿をさらけ出せば、同情から親身になってもらえるかもしれません。

  • 【9】「実はどうしても忘れられない人がいる」など、核心に迫る恋愛相談

    「『好きな人』って俺のこと!?と気にはなりますよね」(10代男性)というように、嫌な別れ方をしたわけではない相手なら、告白をほのめかすのも効きそうです。とはいえ、すでに新しい彼女がいるかもしれないので、過度の期待は禁物でしょう。

交際中の経験を思い出して、元カレの気を引く作戦を立てるとよさそうです。相手の状況次第では警戒心を抱かれるかもしれないので、タイミングも考えましょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2015年6月2日から9日まで
対象:合計123名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock