今も胸キュン!恋に恋した学生時代のピュアエピソード9パターン


大人になると恋愛のドキドキから遠ざかってしまいがち。今一度、学生時代のピュアな気持ちを思い出してみませんか?そこで今回は、オトメスゴレン読者の生の声を参考に「今も胸キュン!恋に恋した学生時代のピュアエピソード」をご紹介します。

  • 【1】緊張で声を震わせながら告白してくれた男性が初カレになったこと

    「思い出すと今も胸が高鳴ります」(20代女性)というように、「初めての交際のきっかけ」は誰にとっても忘れられないもの。大人になっても学生時代のような駆け引きなしの全力恋愛に励みたいところです。

  • 【2】周りの視線を背中に受けながら彼氏と一緒に下校したこと

    「じろじろ見られて恥ずかしかったけれど、片道15分の幸せな時間でした」(20代女性)というように、好きな人とともに歩いた学校からの帰り道にも思い出が詰まっているようです。今カレと会社帰りにどこかで落ち合い、いつもより一駅分多く歩けばあのドキドキが蘇ってくるかもしれません。

  • 【3】照れ隠しのために「迷子になるといけないから」と言い訳しながら手を繋いだこと

    「二人ともシャイだったので、手に触るだけでも一苦労(笑)」(20代女性)というように、ピュアすぎてなかなかスキンシップできなかった時代を懐かしむ人もいます。大人になっても「照れ」や「恥じらい」の気持ちを忘れずにいると、恋のときめきを失わずに済むかもしれません。

  • 【4】メールやLINEで「いつもキミのことばかり考えている」と言われたこと

    「恋をしている自分たちに恋をしているというか…そんな気持ちでした」(20代女性)というように、どっぷり恋愛に浸かっていたころの自分を思い出して「キュン…」とするパターンです。自分から熱いメッセージを彼氏に送れば、倍返ししてもらえるかもしれません。

  • 【5】「こんなに好きになると思わなかった」と互いに激しく燃え上がったこと

    「狂おしいほど好きって気持ちは、苦しいけど価値があったと思います」(20代女性)というように、「好きすぎて辛い」レベルの恋愛を宝物のように振り返る人もいます。どんなに年を重ねても、誰かを心から想うエネルギーは秘めておきたいところです。

  • 【6】放課後、制服のまま隣町まで行ってコソコソとデートしたこと

    「誰にも邪魔されたくなくて、いつも少し遠出してました」(20代女性)というように、人目を気にしながらのデートも多くの人に共通する思い出でしょう。社会人のカップルなら、彼氏の出張帰りなどにひそかに合流すると、似たようなドキドキ感を追体験できるかもしれません。

  • 【7】テストの点数が悪くて落ち込んでいるとき、頭をポンポンとされたこと

    「昔は彼氏の励ましで、ホントにパワーが出ました」(20代女性)というように、恋がもたらす波及効果を改めて振り返る人もいます。相手を謙虚に想う気持ちがあれば、いくつになっても同じ感情を味わうことができるでしょう。

  • 【8】「○○歳になったら結婚しようね」と誓い合ったこと

    「一緒になるはずだった27歳はもうすぎちゃったんですけど(笑)」(20代女性)というように、初カレと結婚の約束をした人も少なくないでしょう。ある程度の年になったら、「しわくちゃになってもラブラブでいよう」などと結婚よりも先を見据えるようにしたいものです。

  • 【9】お互い初めてでぎこちないファーストキスをしたこと

    「照れる私に『目をつぶっているだけでいいよ』というカレ。懐かしいです(笑)」(20代女性)というように、ファーストキスの瞬間はドキドキシチュエーションの代表格のようです。大人になってからも、1回1回のキスにしっかりと気持ちを込めていきましょう。

学生時代のピュアな気持ちを蘇らせることができれば、大人の恋もより輝くのではないでしょうか。ぜひこの機会に昔の自分の気持ちを思い出してみてください。(外山武史)
Photo:All images by iStock