年下男子との恋が遠のく!?男性が嫌う「年上女のセリフ」9パターン


「年下男性との恋愛」をテーマにしたドラマや漫画が話題になるなど、自分より若い男性を恋愛対象として考える大人の女性が増えているようです。とはいえ、接し方を考えないと、ナイーブな年下男性には「タチの悪い女」として敬遠される場合もありそうです。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者の声をもとに「年下男子との恋が遠のく!?男性が嫌う『年上女のセリフ』」をご紹介いたします。

  • 【1】固定観念を押し付ける「男のクセにそんなこともできないの?」

    「そんな嫌味ったらしい言い方するから、男が寄り付かないのでは?」(20代男性)というように、失敗したときの「男のクセに」は、とても憎らしく受け止められるようです。相手を責めるのではなく、一緒に打開策を考えるのが「一目置かれる大人の女」ではないでしょうか。

  • 【2】悟り口調に違和感を抱く「キミもいつか分かるようになるから」

    「上から目線がとにかく不愉快」(20代男性)というように、何かを教えるとき、必要以上にもったいぶるのも年下君にイラッとされるようです。仕事だけでなく、恋愛や人間関係においても、何かを悟ったような物言いは反感を抱かれると肝に銘じましょう。

  • 【3】モラハラまがいの「そんなんだから彼女ができないんじゃない?」

    「そのセリフ、男と女を入れ替えてお返ししたい」(20代男性)というように、相手の至らない点をモテないことに結び付けるのも、怒りを買いそうです。下手するとモラハラととられるので、ダメ出しするときは慎重に言葉を選びましょう。

  • 【4】励ます気ゼロの「アンタ、やる気あるの?」

    「上からこられたらカチンときますね!」(10代男性)というように、優しさのかけらもない一言を放ったせいで、年下男性から敵視されてしまうケースです。たとえ年下君がダメダメだったとしても、せめて「次は真剣に」とか「もう少し注意して」くらいに語気をやわらげましょう。

  • 【5】ガキ扱いにイラッとする「まだまだお子さまだね」

    「『じゃあアンタは何様なんだよ!』って思っちゃいます」(20代男性)というように、年下だからと相手を子ども扱いして、反感を抱かれるパターンです。同じことを言うのでも、「次は頑張ろうね」などと愛のある言葉を選ぶと、むしろ慕われるかもしれません。

  • 【6】ヒステリー女の定型句「何回ミスすれば気が済むのよ!」

    「キーキー言われたら萎縮します」(20代男性)というように、感情的なものの言い方をするのも、男性陣に距離を置かれる原因になるようです。キレそうになったときこそ、深呼吸をして「大人の余裕」を感じさせたいところです。

  • 【7】デキる女風情に腹が立つ「うーん、ちょっと浅いかなー」

    「教育係のつもりかもしれませんが、バカにされてるとしか思えません!」(20代男性)というように、指導するときの言葉が鼻につくパターンです。ドラマに出てくる女上司にありがちなセリフかもしれませんが、現実には使わないほうがいいでしょう。

  • 【8】いい女ぶるのがウザい「分かってないねー、女心ってやつが」

    「そっちは男心が分かってないけどね!と言いたい(笑)」(20代男性)というように、本音はともかく、「女を理解していない」などと相手をこき下ろすのは得策ではないようです。ズケズケと指摘しても許されるのは、よほど親しい間柄だけだと心得ましょう。

  • 【9】コンプレックスをイジる「ちょっと薄くなってきたんじゃないの?(笑)」

    「からかうにしても、デリカシーなさすぎです」(20代男性)というように、本人が気にしていることに平気で触れられるのは、ガサツなオバハン化が進んでいる証拠かもしれません。本人がネタにしているならともかく、そうでないことに関しては「触らぬ神に祟りなし」でしょう。

年下の相手には、ついつい上から目線になってしまう人ほど、失言が増えてしまうのかもしれません。至らぬところが目についても、心に余裕を持って、優しく接しましょう。(外山武史)
Photo:All images by iStock