「未練につけこむなんて卑怯!」最悪な元カレの発言9パターン


別れてからも元カレと連絡を取る人もいますが、こちらに未練がある状態だと、そこにつけこまれてしまうこともあるようです。世の女性たちは、元カレからどんな態度を取られているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性96名に聞いたアンケートを参考に「『未練につけこむなんて卑怯!』最悪な元カレの発言」をご紹介します。

  • 【1】「暇だから遊ぼう」と上から目線で誘う

    「完全に時間つぶしだってわかると悲しくなる」(20代女性)というように、「俺のことが好きだから出てきて当然」とでも言いたげな、失礼な誘い方をされたケースです。まともに取り合うと相手をつけ上がらせるだけなので、あまりに態度がひどい場合は断ることも選択肢に入れましょう。

  • 【2】「まだ次の彼氏できないの?」と軽い調子でからかう

    「『俺のことが忘れられないの?』って聞かれてる気がします」(20代女性)というように、こちらの恋愛状況を得意げに探る元カレには、モヤッとしてしまいそうです。嘘でも「気になる人はいるかな」などと答えて、相手の自信を砕いてやってもいいのではないでしょうか。

  • 【3】「好きだよ」とカラダ目当てでささやく

    「絶対に嘘だってわかってるけど…ちょっとグラッときちゃいますよね」(20代女性)というように、自己中心的な考え方で気持ちを翻弄する元カレにも、注意が必要かもしれません。寂しさからついほだされそうになっても、本当に新しい恋を望んでいるなら涙をのんでお断りしたほうがいいでしょう。

  • 【4】「最後のほうは好きじゃなかった」と今さら明かす

    「わざわざそんなこと言う?と思います」(10代女性)というように、こちらの心情を慮ることもせず、ショッキングな告白をする元カレもいるようです。「今さら言ってどうするつもりなの?」と怒りを表明してもいいのではないでしょうか。

  • 【5】「ヨリを戻そう」と彼女と別れるたびに迫る

    「新しい相手とうまくいかなくなるたび連絡してくるのはやめてほしい」(20代女性)というように、自分勝手に「元カレ」としての一線を越えてくる男性に、振り回されるパターンです。寂しさからの発言だとわかっているなら「本気じゃないんでしょ」とぴしゃりと叱りつけてやりましょう。

  • 【6】「いつでも連絡して」とキープをもくろむ

    「完全に都合のいい女だと思われてる(苦笑)」(20代女性)というように、「つかず離れず」の関係で、「おいしいとこ取り」を画策されるケースです。そう言われてホイホイ連絡すると大抵は傷つけられるので、発言を鵜呑みにせず毅然とした態度を貫きましょう。

  • 【7】「新しい彼女が○○で…」と恋愛相談をする

    「まだ好きだって知ってるくせにひどいですよね」(20代女性)というように、あろうことか元カノに恋愛相談をする、他人の気持ちがわからない元カレに、心をかき乱された人もいます。お互いにそれでもOKな場合は別として、さすがに「デリカシーがないよ」と言ってやってもいいのではないでしょうか。

  • 【8】「誰か女の子紹介して!」と気軽に頼む

    「フリーなのに私は対象外なのかと思うと悲しい」(20代女性)というように、気安さから元カノに「恋のキューピッドになってほしい」と言い出す元カレにも、複雑な気持ちになってしまいそうです。どんな気分になるのか思い知らせるために「私にも紹介して」と言い返してみてはいかがでしょうか。

  • 【9】「○年後にフリーだったら結婚しよう」と身勝手なことを申し出る

    「どうしても期待しちゃうから嫌」(20代女性)というように、「お互い結婚できなかったら」という前提で、将来の約束をしたがる元カレのケースです。特に、お酒の勢いを借りた発言は本気度が低いことが多いので、そんな約束を心の拠りどころにするのはやめましょう。

元カノが優しくしていると、調子に乗って自分勝手な発言をする男性もいるようです。これ以上つけ上がらせないよう、ときにはお灸をすえてやることも必要ではないでしょうか。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年4月10日から17日まで
対象:合計96名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock