実はバレてる!?「騎乗位の方法」が示すあなたのエッチ趣向9パターン


ポピュラーな体位の中で、女性が唯一主導権を握れると言ってもいいのが騎乗位なのではないでしょうか。実はこの騎乗位の方法で、女性のエッチ遍歴や傾向が透けて見えてしまうこともあるようです。そこで、今回は20代、30代の男性へのアンケートを元に、「実はバレてる!?『騎乗位の方法』が示すあなたのエッチ趣向9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「乳首舐め」する女子は男性に尽くしちゃうタイプ

    「自分よりもまず相手を気持ちよくしようとする姿勢が見える」(20代男性)というように、騎乗位中に男性の乳首を舐める女性は、自分のことは二の次にできる奉仕タイプだと男性は分析するようです。相手を思いやる気持ちのある女性を、結婚相手にしたいと考える男性も少なくないのではないでしょうか。

  • 【2】「奥まで入れて静止」する女子はムッツリスケベタイプ

    「積極的でないようで、実はアソコの太さを味わっている感じ」(30代男性)という意見もあり、男性のアソコを奥まで入れて動かなくなる女性は、エッチに無関心どころか、実は快楽にどん欲なタイプと分析されているようです。声を押し殺している姿も、男性には隠れエッチ好きと見られているかもしれません。

  • 【3】「前後グラインド」する女子は自分の性欲解消追求タイプ

    「エッチが好きなんだなーと思って一瞬驚く(笑)」(20代男性)など、グラインド派は一人よがりのエッチを好む女性であるとの分析です。ですが、積極的に腰を動かす女性の姿を見ることが好きな男性も多いようなので、必ずしもマイナスイメージを与えるものとは限らないでしょう。

  • 【4】「上体反らし」する女子は自分の体に自信満々なナルシストタイプ

    「よっぽどスタイルに自信があるんだな、と思う」(30代男性)というように、体のラインや乳房の形に自信がなければ、騎乗位中に上体を反らすことはなかなかできないという分析のようです。普段は「私は太っている」と謙遜していても、この癖がある女性は、心の底では自分の体に自信を持っているのかもしれません。

  • 【5】「膝立て上下ピストン」する女子はS男にしっかり教え込まれたM女タイプ

    「やられた瞬間に前の男の影がちらつきますね(笑)」(30代男性)というように、「膝立て上下ピストン」は過去にSっ気の強い男性からセックスの手ほどきを、従順に受けた女性がやりがちなテクニックとの分析です。嫉妬深い男性はそれだけで幻滅してしまう可能性もあるので、初めてのエッチではやらない方が無難かもしれません。

  • 【6】「覆いかぶさり」する女子は密着すると安心する甘えん坊タイプ

    「僕の彼女は甘えたがりですけど、騎乗位では必ずくっつきたがりますね」(20代男性)と、甘えん坊の女性ほど、騎乗位時にピタッと体を重ねてくる傾向が強いとの分析です。正常位など他の体位でも密着することは可能ですが、女性が上位になる騎乗位でさえ男性から物理的に離れたくないという行為は、恋人に対する依存度が高いということなのかもしれません。

  • 【7】「手つなぎ」する女子はエッチに愛情を求めるロマンチストタイプ

    「セフレとの割り切りエッチで手をつなぐことはほぼないですね。特に騎乗位は」(20代男性)という意見があり、そこから分析すると、愛情を求めるタイプの女子ほど騎乗位中に手をつなぎたがると言えるということのようです。激しく動きながらも手をつなぐことを求める行為は、自分の愛情の強さを相手に伝える手段としてもいいのかもしれません。

  • 【8】「背面騎乗位」する女子はアナルを直視されるのをいとわない露出狂タイプ

    「『丸見えだよ』って言ってあげても基本やめようとしない。多分見せてるのかな?」(30代男性)など、背面騎乗位が好きな女性は恥ずかしいところを見られることで興奮に変えられるタイプとの分析です。いずれにしても男性から見られることも考えて、日ごろからOゾーンのケアはきちんとしておいた方がいいかもしれません。

  • 【9】「目を閉じて高速上下」する女子は無我夢中になりがちな肉欲没頭タイプ

    「嫌じゃないけど、自分がバイブになったような気分になる(笑)」(20代男性)というように、目をつぶってピストン運動に全力を注ぐ女性は快楽に集中したいタイプとの分析です。しかし、あまりやりすぎると、男性からはまるでオナニーに没頭しているように思われる可能性があるので、ときには目を開いて男性とアイコンタクトを取るなどした方がいいかもしれません。

一口に騎乗位と言ってもこれだけ種類があり、それによって女性のセックスに対する傾向が浮き彫りになるようです。しかし逆に考えると、自身の好みの騎乗位を受け入れてくれる男性は性格的にもベストパートナーとなる可能性も高いので、特に意識せずにあるがままでいるのがいいのかもしれません。(A4studio)
Photo:All images by iStock