体位ごとに見られる場所が違っていた!エッチ中の男の視点9パターン


いくらエッチ中とはいえ、お互いがずっと見つめ合っているわけにはいきません。それでは男性はエッチの最中、女性のどこを見ているのでしょうか。そこで、今回は20代、30代の男性に聞いた「体位ごとに見られる場所が違っていた!エッチ中の男の視点9パターン」を紹介します。

  • 【1】正常位中、本当に感じているか気になる「あえいでいる顔」

    「声だけで演技をする女の子もいると聞くので」(30代男性)というように、本当に気持ちいいかを確認するために表情を気にする男性がいるようです。もし演技をしてしまっていてバレないか心配な場合は、髪で顔を隠すなどして、表情が読み取られないようにしておくといいかもしれません。

  • 【2】正常位中、揺れを目で追ってしまう「弾力のあるおっぱい」

    「激しくするほど暴れるように揺れるおっぱいは最高!」(20代男性)など、男性の中にはおっぱいを注視するという方もいるようです。しかし、正常位体勢では弾力を失うと、乳房が横に垂れ下がってしまうこともあるので、両手をお腹に置いて、おっぱいが横に流れないようにするなどの工夫も時には必要かもしれません。

  • 【3】正常位中、仰向け体勢で隠せなくなる「お腹のぜい肉」

    「着痩せするタイプだったんだなって思う」(30代男性)というように、着衣状態ではスリムに見える女性でも、ウエストのラインなどがモロバレになってしまうので、ついそこを見てしまう男性は少なくないようです。正常位体勢でもやや腰を反らすようにすれば、比較的お腹のぜい肉は目立たなくなるかもしれません。

  • 【4】バック中、全体にうっすらあるとちょっと引く「産毛の生えた背中」

    「実は毛深い人だって判明する」(20代男性)と、手入れのできない背中を見てショックを受ける男性も。だからといって、自分で処理しようとすると背中にブツブツができてしまって、もっと惨めなことになる可能性も。もし剃るのであれば、家族や女友達などに処理をお願いした方がいいのではないでしょうか。

  • 【5】バック中、肉付きがいいとわし掴みしたくなる「大きなお尻」

    「バックはお尻が大きく見えるからほんと好き」(30代男性)というように、尻フェチ男子にとって、バックの眺めは最高のようです。もし荒々しくお尻の肉をわし掴みにされたら、食べちゃいたいくらいお尻を気に入ってくれた証拠と考えていいかもしれません。

  • 【6】バック中、自分からは死角だが男性には丸見えとなっている「お尻の穴」

    「見たくなくてもつい目に入っちゃう」(20代男性)と、お尻を突き出しすぎると男性からはお尻の穴が丸見えとなってしまうことも。もしアナルを見られるのが恥ずかしいようでしたら、バックの体勢からキスをせがむなどすれば、視線を外させることができるのではないでしょうか。

  • 【7】騎乗位中、上下されると気づいてしまう「太ももの肉付き」

    「膝を立てられると、結合部よりそっちに目がいく」(20代男性)というように、騎乗位中に太ももを見る男性は意外と多いようです。もし脚線美にあまり自信がないようなら、膝は立てないようにして、前後にグラインドする方法が無難かもしれません。

  • 【8】騎乗位中、意外と冷静に見てしまう「乳首の色や形」

    「暇だから乳首を凝視している」(30代男性)と、男性が動く必要のない騎乗位では、他の体位以上に乳首を品定めされてしまう可能性があるようです。あまり見られたくなければ、男性の体に手をせばめて置くと自分の二の腕で乳首を隠せるだけでなく、谷間を作って美乳を強調できるので、一石二鳥でいいのではないでしょうか。

  • 【9】騎乗位中、下方から眺めるので肉が付いていると一層際立つ「アゴのライン」

    「ぽっちゃり女子は好きだけど、アゴのタプタプは許せない」(20代男性)というように、下から見上げると、アゴの肉は思った以上に目立ってしまうようです。二重アゴに好印象を持つ男性はあまりいないので、感じているフリをして顔は天を仰ぐとうまくごまかせるかもしれません。

どの体位でも、男性は意外と冷静に女性の体を観察しているようです。もちろん、その程度で男性が幻滅するケースは少ないと思われますが、恥ずかしいところを見られて集中できないようであれば、電気を消してエッチをするといいかもしれません。(A4studio)
Photo:All images by iStock