女として終わってる…?「セカンドバージンあるある」9パターン


よく恋をすることで女性はきれいになると言われますが、それでは長年恋愛やエッチから遠ざかっているとどうなってしまうのでしょうか。そこで、今回は20代、30代のセカンドバージン女性に聞いた「女として終わってる…?『セカンドバージンあるある』9パターン」を紹介します。

  • 【1】今日、自分が着けている下着の色と柄がわからない

    「もちろん上下もバラバラ」(30代女性)というように、見せることを想定していないため、下着へのこだわりはどんどんと薄れていくようです。たまにはランジェリー専門店へ行って、いざという時の勝負下着をワンセット買っておくと、心のどこかに安心感を得ることができるかもしれません。

  • 【2】友達の「彼氏自慢」に焦りの気持ちさえ沸かなくなる

    「『いいなー』とは言うけど、別に何とも思ってない」(20代女性)などと、友人ののろけにも動じなくなってしまうのは、長らく恋人のいない女性の特徴のようです。恋人の自慢をされたら「いつか私の方が絶対幸せになってやる!」と思うくらいのハングリー精神は忘れない方がいいのかもしれません。

  • 【3】イケメン俳優よりイケメンAV男優のツイッターの方が気になる

    「明らかにそっちの彼の方を観ている時間が長いから(笑)」(30代女性)というように、女性向けAVにはまるご無沙汰女子も多いようです。「この前発売した○○くんの新作のAVが超よくてさー」など、みんなが当たり前に知っている風にAV男優の名前を挙げると、女友達に引かれる可能性があるので注意した方がいいかもしれません。

  • 【4】産毛ではなく濃くて長いムダ毛を発見してさすがに引く

    「『私は男かよ!』って自分にツッコんだ(笑)」(30代女性)など、女性ホルモン分泌不足が原因なのか、男性のようなムダ毛が生えてきてしまう女性も。どうしても恋ができる気配がなく、ムダ毛を処理するのも面倒くさいと思うようでしたら、せめて豆乳を飲むなどして女性ホルモンの分泌を促進させるといいのかもしれません。

  • 【5】「ゴハンに誘ってきた男性が既婚者だった」というパターンにはもう慣れた

    「フツーの恋愛がしたかったのにぃ!!」(30代女性)というように、せっかく浮かれ気分で男性との食事に出向いたのに、相手は不倫したいだけだったというパターンも多いようです。恋人の影がないと既婚男性に「不倫相手にぴったり」と思われかねないので、異性の前ではあまり「彼氏いない歴」が長いことなどは言わない方が無難かもしれません。

  • 【6】毎日化粧はきちんとするが学生時代からメイク方法は同じ

    「『化粧はちゃんとしてる』からまだ女として終わってない、と言い聞かせてる」(20代女性)と、「すっぴんで外出してないからセーフ」という意見もありました。ですが、年齢やトレンドに合わせて化粧も変えていかないと男性から「時代遅れ」と見られてしまいかねず、新しい恋への妨げとなっている可能性もあるのかもしれません。

  • 【7】以前より明らかに太っていてもダイエットをする気がない

    「どうせリバウンドするし」(30代女性)とハナから諦めてしまっているようでは、魅力的な女性からは遠ざかる一方なのではないでしょうか。確かに年齢を増すごとに体重は減りづらくなりますが、通販番組で紹介されているトレーニング機器を購入するなど、使うかどうかわからなくても、買うことで痩せる意思を持ち続けることが意外と大事なのかもしれません。

  • 【8】北欧系雑貨に囲まれていると不思議と性欲が減退する

    「次は何を買おうとか考えると、恋なんてどうでもよくなる」(20代女性)というように、男子ウケを狙ってこだわり始めたインテリアが、いつの間にか生活の中心となってしまうというケースもあるようです。せめて、こだわりの部屋に男性を招待する妄想を常日頃からしておくと、恋へのモチベーションを再び高められるかもしれません。

  • 【9】仕事が楽しすぎて恋愛に価値を見出せないでいる

    「私は『働きマン』だから男はいらないの」(30代女性)など、仕事に熱中するあまり、恋を時間の無駄と決めつけてしまう女性は、特に働き盛りの30代によく見られるようです。仕事に没頭する時期があってもいいでしょうが、大きなプロジェクトがひと段落した際などに気晴らしがてら合コンに参加してみるなどすれば、再び彼氏が欲しいという欲求も芽生えるかもしれません。

もしいつまでもセカンドバージンじゃまずいな……と考えているのであれば、例えば「1日1回は社内やクラスメートの男性に自分からプライベートな話題で話しかけるようにする」などの決め事を作っておけば、恋愛のリハビリになると同時に、声をかけた男性たちと何かしらの進展も望めるかもしれません。 (A4studio)
Photo:All images by iStock