高身長女子でも「かわいい!」と思わせる鉄板の仕草9パターン


高身長の女性は、颯爽とした佇まいから、凛としたイメージを抱かれやすいもの。とはいえ、仕草次第では「かわいい」印象を与えることもできるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性124名に聞いたアンケートを参考に「高身長女子でも『かわいい!』と思わせる鉄板の仕草」をご紹介します。

  • 【1】小さな歩幅でちょこまかと歩く

    「アンバランスさがほほえましい」(20代男性)というように、大股で歩きそうな高身長女子が小股で歩く姿の新鮮さにやられてしまう男性もいるようです。背の低い女友達と歩くときに歩幅を合わせてあげると、自然に実践できるのではないでしょうか。

  • 【2】座った位置から上目遣いで見つめる

    「普段と違う角度から見られて、思わずドキッとしました」(10代男性)というように、身長差の少ない男性に向かって、あえて座った位置から見上げてみると、「いつもと違う自分」を見せることができるようです。エスカレーターや階段などの段差を利用してもよさそうです。

  • 【3】慣れないヒールで一生懸命走る

    「デートのとき、頑張って走ってる姿を見て抱きしめたくなった」(20代男性)というように、「自分のためにお洒落してくれた」「でも不慣れで危なっかしいな」という二つの面から、ヒールで走る高身長女子の姿が愛しく映る場合もあるようです。ただし、転ぶと大変なので、足元には十分気をつけましょう。

  • 【4】天井の低い部屋で窮屈そうにする

    「ロフトっぽいカフェで猫背気味になってるのがかわいかった」(20代男性)というように、高身長女子ならではの「縮こまる姿」も男性をキュンとさせることがあるようです。少しオーバー気味に頭を気にしてみせると、よりかわいさが際立つのではないでしょうか。

  • 【5】ガーリーな服を憧れの視線で眺める

    「実は少女趣味ってとこが意外でいい」(20代男性)というように、普段のイメージとは違うファッションを「本当は好き」とほのめかすのも、ギャップで男性を萌えさせるようです。お洒落の話題で盛り上がったときなどに、「実はね…」とカミングアウトしてはいかがでしょうか。

  • 【6】ひざを抱えて体操座りをして小さくなる

    「大きい女子が小さく見えるだけで『おっ』と思ってしまう」(10代男性)というように、高身長女子が縮こまることで、「女の子なんだな」と再確認する男性もいるようです。部屋の床に座るとき、意識して「小さく」なってみるといいでしょう。

  • 【7】恥ずかしそうにミニスカートの裾を気にする

    「パンツが多いからミニってだけでも新鮮」(20代男性)というように、なぜか高身長女子にはパンツ派が多いため、スカートをはくだけで「異性」を意識させられるようです。脚の長さゆえの際どいミニ丈は、美脚自慢の高身長女子こそ挑戦すべき装いでしょう。

  • 【8】つり革にぶつかって「イテテ」と頭を押さえる

    「ドジっ子は見ているだけで癒されます」(20代男性)というように、高身長ゆえの「うっかり」を見て、「かわいいな」と感じる男性は多いようです。「放っておけない」という気持ちにさせる効果もありそうなので、意中の男性の前で一芝居うってもいいかもしれません。

  • 【9】低い棚のものをとろうとしゃがみこむ

    「コンビニとかでしゃがみこんでるのを見て笑っちゃった」(20代男性)というように、低い位置のものがとりにくいという「高身長女子あるある」は、颯爽とした佇まいとのギャップでちょっとした笑いを誘うようです。「よいしょ」などと掛け声をかけると、さらに「かわいいヤツ!」と思われるのではないでしょうか。

背の高さとのギャップを感じさせるような姿が男性からは好評なようです。意識して「小さくなる」ようにすると、さまざまな場面で男性をドキッとさせられるのではないでしょうか。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年4月7日から14日まで
対象:合計124名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock