帰省中はチャンス!昔から好きだった男子へのアプローチ9パターン


地元を出ても忘れられない片想いのカレ。その恋を引きずったまま悶々と過ごしているのなら、いっそ帰省中にトドメを刺してみてはいかがでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性264名に聞いたアンケート調査を参考に、「帰省中はチャンス!昔から好きだった男子へのアプローチ」という記事をご紹介します。

  • 【1】「今度帰省するからよろしくね」とFacebookで友達リクエストしておく

    「まずは仕込みが大事!」(10代女性)というように、帰省前にSNSでつながり、関係を強化しておく作戦です。事前にやりとりしておけば、こちらに対する温度感もわかるので、その後の展開を検討しやすくなるかもしれません。

  • 【2】「久しぶりにみんなで集まらない?」と飲み会に誘う

    「しばらく連絡が途絶えていたなら、会う理由はこれくらいかなと」(20代女性)というように、同窓会的な飲み会を開く作戦です。ただし、あまり大規模になりすぎると、あなたのライバルも参加することになるかもしれないので、注意が必要でしょう。

  • 【3】「めっちゃ久しぶり!」とショッピングセンターで偶然出くわしたフリをする

    「地元の人がたむろする大型ショッピングセンターにいれば数日以内に絶対会えるはず」(10代女性)というように、相手が来そうな場所で張り込む作戦です。ちょっとストーカーじみていますが、相手のクルマなどがわかれば、尾行して接近チャンスをうかがうのも手かもしれません。

  • 【4】「なんだか顔が見たくてね」といきなりバイト先に行く

    「突然押しかける(笑)」(10代女性)というように、わざわざ会いに来たことが伝わるように、あえてバイト先を直撃する作戦です。そこでちょっとした世間話をすれば、バイト先で「彼女?」と噂になり、相手に自分を意識してもらうきっかけにもなりそうです。

  • 【5】「○○先生に会いに行かない?」と共通の知人を利用する

    「『一人で行くのも何だから』とか言い訳しながら同行を頼む」(10代女性)というように、共通の知人をダシに一緒に行動する作戦です。相手に興味を持ってもらえそうな人の名前を挙げて、上手にプレゼンしましょう。

  • 【6】「誰とも予定が合わないからちょっと付き合ってよ」と強引に連れ出す

    「とにかく暇だから相手してよという感じで…」(20代女性)というように、仕方なく遊んでるんだぞと言いたげな態度で誘う作戦です。相手も文句を言いながら付いてきたならしめたもの。顔を合わせているうちに、甘い雰囲気に持ち込めるかもしれません。

  • 【7】「やっぱ地元っていいな、帰りたいなー」と言って反応を見る

    「帰って来なよとか、俺こそそっち行きたいとか言われたら、脈ありかなと思います」(20代女性)というように、地元が恋しいという素振りで相手の本音をあぶり出す作戦です。リアクションが薄いようなら、「でも、帰ってきたら出会いなさそうだしな」と畳み掛けてしまいましょう。

  • 【8】「いいかげん彼女できたー?」と恋バナをけしかけて身辺を探る

    「その人に彼女がいても、実態を確認したほうがいい」(20代女性)というように、上から目線の恋愛トークで相手の状況を探る作戦です。もし「結婚間近の女性がいる」のなら諦めたほうがよさそうですが、そうでなければ玉砕覚悟で想いを伝えるのもアリでしょう。

  • 【9】「ずっと好きだったんだけどなー」とかまをかけてみる

    「相手の反応次第で『今はそうじゃない』『今も好き』の2通りの態度を使い分ければいいから便利!」(20代女性)というように、過去形で好意を告げて反応を見る作戦です。ただし、「相手に彼女ができたばかり」などのタイミングだと、気まずくなってしまうので、うまい出しどころを考えておきましょう。

いずれにせよまずは親密なムードに持ち込むことが先決です。帰省時だけでなく普段からSNSなどで折に触れて連絡を取るようにしておきましょう。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2015年3月14日から21日まで
対象:合計264名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock