休みが合わない彼氏に「浮気」を疑われる夏休みの過ごし方9パターン


お互いに働いていれば、「夏休み」の期間が合わないこともあるでしょう。そんなときは、過ごし方に気をつけないと、彼氏に浮気を疑われてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性293名に聞いたアンケートを参考に「休みが合わない彼氏に『浮気』を疑われる夏休みの過ごし方」をご紹介します。

  • 【1】夜、電話をかけてもつながらない

    「こんな時間まで何してるんだろうと心配になる」(20代男性)というように、夜の電話になかなか出ないと「まだ出かけているな」と判断されてしまうようです。帰りが遅くなりそうな場合は、マメにLINEを送って様子を知らせ、安心させてあげましょう。

  • 【2】「友達と遊ぶ」と言って名前を出さない

    「友達って…誰?と気になります」(20代男性)というように、一緒に過ごす相手の名前を出さないと、「隠しているのではないか」と深読みされてしまうかもしれません。不必要に思えても、「あなたの会ったことがない高校時代の女友達の○○ちゃん」などと説明すると、誤解は避けられそうです。

  • 【3】独身の女友達と海に行き、SNSに投稿する

    「ナンパされちゃうんじゃないかな…と気が気じゃない」(20代男性)というように、夏の海にナンパはつきものなので、SNSに楽しげな様子をアップすると、彼氏の不安をあおってしまうかもしれません。特に大胆な水着姿は刺激が強すぎるので、露出は控えめにしておきましょう。

  • 【4】突然海外に一人旅に出る

    「まずびっくりするし、外国だと出会いもありそう」(20代男性)というように、突然の海外旅行で、しかも一人ともなると、彼氏を驚かせてしまう可能性が高いようです。実行するなら「旅に出ようと思ってる」レベルの企画段階から相談して、形式だけでも了解をとったほうがよさそうです。

  • 【5】趣味ではないアウトドアのレジャーを楽しむ

    「本来興味のないことをしていると『男に誘われたのかな』と疑ってしまう」(10代男性)というように、普段の行動範囲を超えた行いは、彼氏にとって疑惑の源になるようです。特にキャンプなどは女子だけで行くイメージがあまりないので、心配をかけやすいのではないでしょうか。

  • 【6】メールの返信がいつもより短い文になる

    「そっけないメールが来ると寂しいです」(20代男性)というように、忙しさにかまけて彼氏への対応をおざなりにすると、すぐに心中が見透かされてしまうようです。遊んでいる日ほど丁寧な返信を心がけ、お互いに不愉快な思いをしないですむ工夫をしましょう。

  • 【7】車を持っていないのにドライブに行く

    「『絶対に男と一緒だ』と感じる」(20代男性)というように、「運転は男の特技」というイメージのせいで、仮に女友達が車を出してくれるのだとしても、浮気を疑われてしまう危険があるようです。女同士でのドライブなら「○○ちゃんとアウトレットに来たよ」 などと、あえて写真付きでメールを送ってもいいかもしれません。

  • 【8】男友達とお酒を飲みに行く

    「カップルの浮気の定義によると思う」(20代男性)というように、男友達との「飲み」は、NGという男性もいるようです。「サシ飲み」でなければOKという男性もいるはずなので、出かける前にそれとなく確認したほうが安全でしょう。

  • 【9】学生時代のサークルメンバーで旅行をする

    「それって元カレがいたりするんじゃないの?と勘繰りたくなります」(20代男性)というように、サークルという比較的大人数での旅行は、全体像が把握できないため、余計に男性を心配させるようです。メンバーに元カレがいる場合は、彼氏の気持ちも考えて、自主的に控えたほうがいいのではないでしょうか。

男性との出会いのチャンスがありそうな行動をしたり、彼氏への連絡をおざなりにしたりすると、浮気を疑われてしまうようです。信用を得たいなら、女友達とのアリバイ写メを送るなど、工夫が必要でしょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年3月14日から21日まで
対象:合計293名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock