ぽっちゃり女子でも着てみたい!ハードルの高い夏服攻略法9パターン


露出度の高い夏服は、ぽっちゃり体型の女性には悩ましいデザインが多いもの。体型はそのままに、着こなすためのヒントはないのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性306名に聞いたアンケートを参考に「ぽっちゃり女子でも着てみたい!ハードルの高い夏服攻略法」をご紹介します。

  • 【1】ウエストにくびれがないとみっともない「ビキニ」

    「隠しようがないから、お腹が出てたらムリです」(20代女性)というように、お腹部分を覆う布のないビキニは、「お腹ぽっこりさん」には難しいアイテムかもしれません。長袖シャツを羽織ってウエスト部分で結ぶなど、局所的に隠す工夫で乗り切りましょう。

  • 【2】ぷよぷよの二の腕は隠したい「ノースリーブ」

    「爽やかに着こなしたいのに、この贅肉じゃ…」(20代女性)というように、二の腕に視線の集まるノースリーブは、「上半身ぽっちゃり女子」には鬼門かもしれません。透け感のあるカーディガンを羽織れば、ノースリーブの清々しさは残しつつ、ボリュームゾーンの印象を薄めることもできそうです。

  • 【3】むっちり太ももは見せられない「ショートパンツ」

    「太ももの間に隙間がないから、見苦しくて(苦笑)」(20代女性)というように、ももの張った女性は、ショートパンツに苦手意識を抱く場合が多いようです。少し長めの丈のものや、裾がフレアになったキュロットタイプのものであれば、もものボリュームを目立たなくしてくれるのではないでしょうか。

  • 【4】たるんだ背中に視線が集まる「背中あきトップス」

    「自分からは見えないところだし、そもそもどう鍛えればいいかわからない」(10代女性)というように、背中のたるみはなかなか解消しにくいだけに、困り果てる女性もいるようです。ちょっとしたズルではありますが、レースのチューブトップをインナーに着るなど、本当に気になる部分は隠す方向で「チラ見せ」するのはいかがでしょうか。

  • 【5】脚の太さが目立ってしまう「ミニスカート」

    「露出部分が多いだけに、ごまかせない」(20代女性)というように、脚に自信のない女性がミニスカートをはくのはかなり難しいようです。いつもより高めのヒールをはくと、脚の形が整って見えることが多いので、徒歩移動が多い日でなければ、挑戦する価値はあるかもしれません。

  • 【6】体のラインが丸見えに…「シースルートップス」

    「ある意味、裸みたいなものです(泣)」(20代女性)というように、上半身が透けて見えるトップスは、丸みのある体型の女性には厳しいものがあるようです。シースルーとはいっても、黒や紺など色の濃いものであれば、逆に細見え効果があるのではないでしょうか。

  • 【7】膨張して見えてしまう「白パンツ」

    「白はぽっちゃりには難しいです」(20代女性)というように、色の問題で避けたくなるアイテムもあるようです。お尻の隠れるペプラムトップスを着るなど、コーデ次第で横に広がって見えない着こなしも可能なので、まずは手持ちのアイテムをいろいろ合わせてみましょう。

  • 【8】上半身のボリュームが全開「ベアワンピ」

    「むっちりしちゃって見られたものじゃなかったです」(20代女性)というように、胸が大きく、腕の肉付きがいい女性は、露出度の高いベアワンピを避けたがることが多いようです。ざっくり編んだサマーニットを肩から掛けるなど、「目くらまし」の工夫をしてみてはいかがでしょうか。

  • 【9】まるでハムのよう…「編上げサンダル」

    「リボンがふくらはぎに食い込んで切ないです」(20代女性)というように、ふくらはぎで紐をクロスさせるタイプのサンダルは、ふくらはぎが締まっていないとみっともないかもしれません。本来のスタイルとは違いますが、足首でリボンを結んでしまえば、そこまで脚の太さは強調されないでしょう。

一見ハードルの高いファッションアイテムにも、必ず着こなしの抜け道があるようです。購入時に店員さんに相談すると、良いアドバイスがもらえるかもしれません。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年3月14日から21日まで
対象:合計306名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock