「準備不足」を後悔しないためにデート前に確認したいこと9パターン


ときにデートでは「想定外の出来事」が襲ってくるもの。とはいえ、そのなかには、事前準備をしていれば避けられるものも多いようです。そこで今回は、独身男性の生の声を参考に、「『準備不足』を後悔しないためにデート前に確認したいこと」をご紹介します。

  • 【1】集合場所までの道のりと所要時間は頭に入っているか

    「いきなり1時間遅刻とか、先が思いやられる」(20代男性)というように、たとえ「初めての道で迷ってしまった」などの理由があったとしても、遅刻は遅刻。方向音痴の自覚がある人は、デート前日に集合場所への行き方を調べておきましょう。

  • 【2】気合が入りすぎて厚化粧になっていないか

    「濃いなー、と思っても言えません」(10代男性)というように、メイクを頑張りすぎると、カワイイを通り越して微妙になってしまうことも。お出かけ前に家族の感想を聞くなど、化粧への客観的な意見を求めるようにしてはいかがでしょうか。

  • 【3】汗かき対策に制汗剤を用意したか

    「気持ち悪いからって、ブーブー言うのやめてほしい」(20代男性)というように、汗の不快感を気にしてばかりいたら、楽しいはずのデートも雰囲気が悪くなります。家を出る前に汗対策をするのはもちろん、日ごろから効果的な汗ケアをチェックしておくと安心です。

  • 【4】ハイキングなのにピンヒールなど靴選びを間違えていないか

    「足が痛いって…その靴じゃそうなるよね」(20代男性)というように、お出かけ先に相応しくない靴を履いていってしまい、靴擦れなどを起こしてしまうことも。デートの行先を男性にまかせっきりにせず、事前に確認したりして、恰好を一緒に考えたほうがいいかもしれません。

  • 【5】虫刺されや日焼けから肌を守るためのケアに抜かりはないか

    「『かゆい』とか『灼けちゃう』とかデート中に文句ばっかり」(10代男性)というように、虫よけ・日よけを怠ったばっかりに、心からデートを楽しめなくなるケースも。屋外で遊ぶときはもちろん、屋内デートでも思いのほか外を歩く時間が長い可能性もあるので、暑い時期の肌ケア対策は必須だと考えておいたほうがよさそうです。

  • 【6】会話が途切れた時のための「共通の話題」はあるか

    「あんまり話が盛り上がらなくて気まずくなった」(20代男性)というように、すぐに話すことがなくなり、デート中の沈黙に耐えられないことも。特に初デートのときは、旅行や趣味、最近のニュースなど無難な話題を用意しておくといいでしょう。

  • 【7】エアコン対策用のカーディガンは持っているか

    「唇が青くなってて心配した」(10代男性)というように、上着を持っていかなかったせいで、映画館などの屋内施設で寒い思いをするケースも。建物の中はもちろん、クルマや電車などの移動でも冷えるおそれがあるので、薄手のカーディガンを用意したほうがいいかもしれません。

  • 【8】下着の上下はお揃いのモノを身につけているか

    「スキンシップを頑固に拒まれてショックを受けた」(20代男性)というように、二人きりで雰囲気がよくなったとしても、下着がイケてないときは積極的になれないのではないでしょうか。「今日はないでしょ」と思っても、もしもに備えて勝負用を身につけておきたいところです。

  • 【9】超接近しても大丈夫なくらいムダ毛の処理が徹底されているか

    「剃り残しを見つけると気になってしまいます…」(20代男性)というように、男性は意外と女性のムダ毛を気にしています。足や腕はもちろん、指の毛などの細かいところもケアしておくと安心でしょう。

前日までに準備しておけば避けられたデート中の悲劇も多くあります。できるだけ男性と一緒にデートの打ち合わせをしておくといいかもしれません。(外山武史)
Photo:All images by iStock