モテたくて必死すぎ!合コンで同性に嫌われる女子の特徴9パターン


誰しも「合コンに参加するからには、少しくらいモテたい!」と思うもの。でも、過剰な「モテ狙い行動」は、同志であるはずの女友達から「なにあの子!」と不評を買ってしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性96名に聞いたアンケートを参考に「モテたくて必死すぎ!合コンで同性に嫌われる女子の特徴」をご紹介します。

  • 【1】普段は「ひっつめ髪」なのに、合コンの日だけ「ゆるふわ女子」に変身する

    「誰!?ってほどの変わり様で、『女詐欺師』とあだ名が付いた(笑)」(20代女性)というように、いきなり男子好みの見た目に変貌して、唖然とされるケースです。お手入れが続かないといずれ化けの皮が剥がれてしまうので、そのときだけがんばるのもよし悪しでしょう。

  • 【2】狙っている男性の前だと、話し方が明らかにぶりっこになる

    「『そんな声だっけ?』と暴露したくなる!」(10代女性)というように、声のトーンや口ぶりを変えると、素の自分を知る友達に足をすくわれるおそれもあります。言葉遣いにだけ気をつけて、あとは自然にしていたほうが、会話にも集中できるでしょう。

  • 【3】進んで料理を取り分けるなど、女子力アピールに余念がない

    「超ズボラな友人が甲斐甲斐しくお皿を配っていて、猫かぶりすぎだよ…と失笑した」(20代女性)というように、実態とかけ離れた行動を取ると、普段を知る女友達にはドン引きされそうです。事前に「今日はがんばるから!」などと宣言しておけば、大目に見てもらえるかもしれません。

  • 【4】「お菓子作りが好き」など、家庭的に見られそうな趣味をでっちあげる

    「『初耳ですけど!?』と思わず彼女を二度見してしまった」(20代女性)というように、モテたいあまり嘘をつくのもギョッとされそうです。女友達の表情から男性陣に作り話だと見破られる可能性もあるので、真実味のない発言は慎んだほうが安全でしょう。

  • 【5】「えー、すごーい!」など、男性の話にオーバーリアクションで応じる

    「見てて恥ずかしくなるけど、こういう女子ってけっこういる!」(10代女性)というように、不自然にはしゃいでみせると、同性には「媚び」だと見破られてしまうようです。自分の振る舞いがかえって場を白けさせていないか、客観的になる必要がありそうです。

  • 【6】場所や状況が変わっても、意中の男性の隣の席を死守しようとする

    「『あんたのための会じゃないんだぞ!』と文句のひとつも言いたくなる」(20代女性)というように、あまりに自分本位に振る舞うのも、女性陣の非難の的になってしまうようです。どうしても譲れないなら、女性メンバーに根回しをしてから実行に移すといいでしょう。

  • 【7】男性を「下の名前」で呼ぶなど、親しげな雰囲気作りを試みる

    「初対面で!と驚いたけど、それだけ必死なのかと思うと不憫になってくる」(20代女性)というように、急速に距離を縮めようとして、周囲に「焦り」を察知されるケースです。迫り方が強引だと男性にも引かれそうなので、あまり先走らないよう注意しましょう。

  • 【8】胸を強調した服で迫るなど、女の武器を最大限に行使する

    「男性は釘付けだろうけど、下品な感じになるからやめてほしい!」(20代女性)というように、恥ずかしげもなく肉体を売りにするのも、ほかの参加女性からは冷たい目で見られそうです。男性の腕や太ももにやたらとタッチするなどの行為も、あざといと思われてしまうでしょう。

  • 【9】酔った勢いで男性にしなだれかかるなど、強硬手段に出る

    「ここまでやられると、なにも言う気になれません…」(20代女性)というように、誰の手にも負えないほど暴走すると、仲間から見放されるおそれがあります。今後誘われなくなるのはもちろん、送り狼に狙われる心配もあるので、自制心はつねに保っていたいものです。

彼氏が欲しい気持ちはみな同じ。女同士で協力し合ったほうが場が盛り上がり、結果的にことがうまく運ぶかもしれません。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2015年4月10日から17日まで
対象:合計96名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock