フッたのはこっちなのに…元カノとの別れを後悔する瞬間9パターン


サヨナラを切り出した男性が、ふとしたきっかけで、再び元カノへの想いを募らせることもあるようです。できればフラれても、あとで男性を後悔させる「いい女」になりたいというのが、失恋女性に共通する想いではないでしょうか。そこで今回は、独身男性の生の声を参考に「フッたのはこっちなのに…元カノとの別れを後悔する瞬間」をご紹介します。

  • 【1】交際中よりも痩せてキレイになっていたとき

    「ぽっちゃり体型がメリハリのある美人に…!!」(20代男性)というように、別れたあとダイエットを成功させた元カノを見て後悔した男性は少なくないようです。失恋の痛みをモチベーションに自分磨きをすれば、効果も出やすいかもしれません。

  • 【2】「あの子と別れるなんてお前、バカか?」などと友人に責められたとき

    「友達に『○○ちゃんを超える女とお前は付き合えない』と言われてハッとした」(30代男性)というように、第三者にダメ出しされて大変なミスに気づくケースも。誰に対しても分け隔てのない態度で接することが、のちの自分の評価を高めることに繋がりそうです。

  • 【3】新しい彼氏とラブラブだと聞いたとき

    「かたや俺は、浮気相手の女の子にマジ告白してフラれた…」(20代男性)というように、元カノが幸せになっていると知り、やきもちを焼いている男性も。別れたことを悲しんでばかりではなく、新しい恋をつかんで、元カレに清々しい顔を見せてあげましょう。

  • 【4】しつこいくらいに送られてきたメッセージがパタリと止んだとき

    「1日に何回も連絡がくるのが当時はウザかったけど…」(10代男性)というように、着信音がならなくなってから、幸せだったことを実感したという男性も。未練がましく連絡するより、別れたらスパッと連絡を絶つほうが、男性の心をぐらつかせることになりそうです。

  • 【5】別れたあとで再会したら、以前のように楽しい時間を過ごせたとき

    「昔と変わってなくて、まだ付き合っているんじゃないかと錯覚した」(20代男性)というように、別れる前と変わらない居心地の良さを感じて、復縁願望が湧く男性も。ただし、こちらから色目を使ったり、男性に簡単に心を許したりなどの「安売り」はやめましょう。

  • 【6】ほかの女性と付き合って、元カノの良さに気付いたとき

    「僕が彼女にいかに甘えていたのかがわかった」(20代男性)というように、違う女性と一緒に過ごすようになってようやく、別れた元カノの魅力に気づく男性も。離れてはじめて良さを知る男性もいるので、フラれたからといって自己否定せず、自信を失わないようにしたいところです。

  • 【7】元カノを超える女性となかなか出会えないとき

    「どんな女の子と話しても、薄っぺらく感じてしまう…」(20代男性)というように、元カノが中身のある人だったので、普通の女性ではもの足りなかった男性も。例えば、好奇心旺盛で知識が豊富だったり、夢に向かって一生懸命打ち込んでいるなど、男性にリスペクトされる要素があると「いい女」として記憶に残るのでしょう。

  • 【8】冷めたと思って別れたのに、本当は好きだったと気づいたとき

    「正直な気持ちが分からなくなってサヨナラしたけど…」(10代男性)というように、自分の本心を読み違えて別れたことを激しく後悔している男性も。ただし、付き合っていたころ以上に、可愛くなるための努力をしていないと見返すきっかけを作れないかもしれません。

  • 【9】元カノがいろいろな男性からアプローチされていると知ったとき

    「そんなにいい女だったのね…。付き合っているときは、アラ探しばかりしていたのかも」(20代男性)というように、ほかの男性から言い寄られていることを知って、再び惹かれてしまった男性もいます。たくさん恋をして綺麗になれば、次こそ「離したくない女」になれるでしょう。

自分をフッた元カレを見返すのもいいですが、できれば付き合っているうちに相手に尽くして、別れられない存在になりたいものです。(外山武史)
Photo:All images by iStock