うまくいかない片思い中、「がんばろう」と元気を出す方法9パターン


片思い中なら誰だって、ウキウキしたり楽しい気分になる反面、辛い気持ちに襲われることもあるでしょう。そんなときに気持ちを立て直すためには、どんな手を使うといいのでしょうか。今回は10代から20代の独身女性96名に聞いたアンケートを参考に「うまくいかない片思い中、『がんばろう』と元気を出す方法」をご紹介します。

  • 【1】おいしいものを思い切り食べる

    「普段は買えないちょっと高級な食材で自炊をすると、幸せな気持ちに浸れます」(20代女性)というように、いつもと違ったプチ贅沢を味わうことでリフレッシュする方法です。黙々と作業をする時間も、料理好きな女子にとっては気分転換になるのではないでしょうか。

  • 【2】髪型を変えてイメチェンする

    「髪だけでも印象を変えると、『違う自分』になれる気がする」(10代女性)というように、女性にとって外見の変化は気の持ち方を大きく左右するようです。バッサリ短くするだけで自然と活動的になれるという意見もあるので、一歩踏み出したいときには効果的かもしれません。

  • 【3】スポーツジムで身体を動かす

    「動いているうちに楽しくなって、落ち込みも吹っ飛ぶ!」(10代女性)というように、無心で運動し、心地よい汗を流すことで、清々しさを感じる人もいます。ほどよく疲れたあとは、ご飯をおいしく感じるだけでなく、ぐっすり眠れるなど心身ともにメリットがあり、好循環が生まれそうです。

  • 【4】友達と飲みに行き、くだらないことで盛り上がる

    「恋愛とは関係ないことを喋っているうちに、何を悩んでいたのか忘れてる(笑)」(20代女性)というように、お酒を飲んで心身を解放することもストレス解消のひとつでしょう。気のおけない仲間と楽しい時間を過ごせば、いい刺激をもらえて鬱々とした気持ちをリセットできるかもしれません。

  • 【5】女友達に愚痴を聞いてもらう

    「友達に共感してもらうとスッキリします」(20代女性)というように、マイナスの感情を話すことで、溜まったモヤモヤを解消するパターンです。何事もひとりで抱え込んでは行き詰まりやすいので、ときには吐き出して気持ちを整理する時間が必要ではないでしょうか。

  • 【6】ネイルサロンやエステで女子力を上げる

    「人の手でキレイにしてもらうとテンション上がる!」(20代女性)というように、美容に力を入れることで凹んでいた乙女心をアップさせる方法です。一見他人からは分からないような細部でも、自分にとっては思った以上にストレスを和らげる効果があるかもしれません。

  • 【7】ひとりでボーッとできる場所へ行き、何も考えない時間を作る

    「お気に入りのカフェでのんびり過ごす時間がなによりの癒やし」(20代女性)というように、「とっておき」のスポットで過ごすことで心を充電させる人もいます。お休みの日などにブラブラと街歩きをしながら、自分だけの落ち着ける空間を探してみてはいかがでしょうか。

  • 【8】「ひとりカラオケ」で歌いまくる

    「大声で歌いまくり、踊りまくり…爽快感ハンパない」(10代女性)というように、自分だけの世界に浸れる個室空間は、息抜きの場所にピッタリなようです。比較的安価で楽しめる上、最近は「ヒトカラ女子」も珍しい存在ではないので、未経験の人も試してみてはいかがでしょうか。

  • 【9】ギャグ漫画やお笑い番組を見て、大笑いをする

    「辛いことも悲しいことも忘れられるし、見たあとになぜかすごく元気になる」(10代女性)というように、笑うことで明るさを取り戻せるという女性もいます。恋愛が順調でないときは表情も暗くなってしまうので、意識的に笑える時間を作るといいかもしれません。

心が苦しくなるぐらい好きになれる相手に出会えるというのは滅多にないことです。しかしがんばり過ぎて気持ちが折れてしまっては元も子もありません。たまには自分へのご褒美として特別な時間を設けながら、諦めずに芽生えた想いを大切にしたいものです。(山下陽子/Office Ti+)


【調査概要】
期間:2015年4月10日から17日まで
対象:合計96名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock