この子とは無理…恋心が一気に冷めるデート中の問題発言9パターン


楽しくデートを終えたはずなのに、なぜか次のお誘いがない…そんな経験はありませんか?もしかするとデート中にあなたが無意識に発した言葉が、相手の気分を害してしまったのかもしれません。そこで今回は10代から20代の独身男性406名に聞いたアンケートを参考に「この子とは無理…恋心が一気に冷めるデート中の問題発言」をご紹介します。

  • 【1】会った瞬間からデリカシー皆無の「服装、ダサくない?」

    「第一声でダメ出し…やる気なくす(泣)」(10代男性)というように、いきなり否定的な言葉をぶつけては、その日のデートが台無しになってしまいます。アドバイスするならさりげないタイミングで「こういう服のほうが似合いそう」などと言うといいかもしれません。

  • 【2】おごられて当然な態度が鼻持ちならない「デート代は男持ちでしょ?」

    「元々おごる気でいても、帰りたくなる」(20代男性)というように、おごられるのが前提の態度は、男性を失望させてしまうようです。基本的には自分も払うスタンスでいるだけでなく、出してもらったらしっかりお礼をするのが礼儀でしょう。

  • 【3】いつでも「携帯第一主義」に萎える「ここ電波が入らないんだけどー!」

    「俺といてもつまらないのか!?とイラっとする」(20代男性)というように、デート中くらい、携帯よりも目の前の自分と向き合ってほしいと願う男性は少なくありません。写真撮影に夢中になるのも、不快に思われるおそれがあるので注意したほうがいいでしょう。

  • 【4】何についても感想が貧困すぎる「ヤバい!」「ウケるー」

    「なんか嘘くさいし、頭が悪そうに見える」(20代男性)というように、きれいな日本語を使えない女性は魅力的に見えないという意見です。堅苦しい言葉を使う必要はありませんが、なるべく丁寧に話したほうが印象はよくなるかもしれません。

  • 【5】ダイエットばかり気にして楽しくない「これカロリー高いよね?」

    「『だったら食うな!』と言いたくなる(笑)」(10代男性)というように、体型を気にするあまり、食べることを迷ってばかりいると、相手の楽しい気分に水を差してしまいます。少なくとも、美味しそうに食べる女性のほうが好感度は高そうなので、デート中ぐらいはダイエットを忘れてもよいのではないでしょうか。

  • 【6】聞いてもいない情報がウザい「この店、元カレと行ったことある」

    「いくら昔のことでも、ほかの男の話をされると比較されてるようで不愉快」(10代男性)というように、元カレ話を楽しんで聞けるという男性はあまりいないようです。前に来たことを説明するなら「友達と来た」などとぼかすのが無難でしょう。

  • 【7】とにかくすべての責任を押し付ける「なんで調べてこないの?」

    「してもらって当たり前ってのが横柄ですよね」(10代男性)というように、デートに受け身なだけでなく、気に入らないと相手を責めるようでは、さすがに「何様のつもりだ」と思われてしまいそうです。男性に任せきりにせず、一緒に考えて行動をしたほうが楽しい時間が過ごせるでしょう。

  • 【8】周囲を思いやる気持ちのなさにガッカリ…「チェッ、赤ちゃんの泣き声がうるさい」

    「『自分のことしか考えられない子なんだな』って思う」(20代男性)というように、本音はともかく、自分の感情を露骨に出すのは危険なことかもしれません。いくらイラついたとしても、舌打ちなど場の雰囲気を壊す行為はやめたほうがいいでしょう。

  • 【9】性格の悪さにゲンナリする「あのカップル、キモいよね」

    「他人の容姿をどうこう言う時点で嫌な女だなーと思います」(10代男性)というように、耳を疑うような暴言で、男性の好意がゼロになるケースです。軽い気持ちで言ったつもりでも、一事が万事だと思われる可能性もあるので、慎重に言葉を選びましょう。

悪気のない発言だとしても、受け取り方は人それぞれ。「口は災いの元」にならないように気を付けましょう。(山下陽子/Office Ti+)


【調査概要】
期間:2015年1月8日から15日まで
対象:合計406名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock