エッチに集中できない!彼には言いづらい実は嫌いな体位9パターン


エッチ中、いろいろな体勢を試したいと考える男性も少なくないようです。しかし、女性としては「その体位は嫌!」と思うこともあるでしょう。世の中の女子の意見を参考にしつつ、解決策を講じるためにも、今回は恋愛経験豊富な20代、30代の女性に聞いた「エッチに集中できない!彼には言いづらい実は嫌いな体位9パターン」をご紹介します。

  • 【1】お腹のぜい肉が目立ってしまう「対面座位」

    「向き合った状態で座るので三段腹を見られちゃう」(30代女性)というように、自分の体型が気になってしまう女性がいるようです。対面座位をするときは、後ろに手をついて背筋を伸ばすようにすれば、あまりお腹の脂肪が目立たないかもしれません。

  • 【2】どういう動きをすればいいのかわからない「騎乗位」

    「前後なのか左右なのか、それとも上下がいいのか…わかりません!」(20代女性)と、腰の動かし方がいまいちわからないという女性がいるようです。円を描くように動くなど、いろいろ試してみつつ、彼の声と表情を観察して、一番気持ちよさそうにしている動作を見つけるといいかもしれません。

  • 【3】自分の体重が気になってしまう「駅弁」

    「彼の腕がプルプルしているのを見ると申し訳なくなる(苦笑)」(20代女性)と、自分の重さが気がかりで不安になってしまって、エッチに集中できないという女性がいるようです。相手の首にしっかりと手を回し、肩あたりにも体重をかけるようにすると男性の負担も少しは減るかもしれません。

  • 【4】何度も彼のアソコが抜けてしまった「側位」

    「何回もエッチが中断してしまって気持ちよくなれなかった」(20代女性)と、お互いが横向きになった状態だと、うまく行為ができないという女性がいるようです。彼の体に足を絡ませるようにすると密着度が増し、アソコも抜けづらくなるかもしれません。

  • 【5】お尻の穴を見られるのが恥ずかしい「バック」

    「アソコを見られるのはともかく、お尻の穴を見られるのは抵抗がある」(20代女性)など、無防備な状態になるバックはあまり好きではないという女性がいるようです。特に丸見えになるのは挿入時なので、「騎乗位→バック」のように、合体したままうまく体位を変えられれば、あまりお尻の穴は見られずに済むかもしれません。

  • 【6】自分は何も見えない「背面座位」

    「振り返ろうとしてもうまくできなくて、彼の顔すらちゃんと見えないから嫌」(20代女性)など、男性の感じている表情を見たいがため、背面座位をやりたくないという女性がいるようです。大きな鏡の前でエッチすれば彼の顔も見え、自分の姿も映るのでちょっとした羞恥プレイとしても楽しめるかもしれません。

  • 【7】彼のほうが低身長だからうまくできない「立ちバック」

    「気まずい思いをするので私としてはあまりやりたくない」(30代女性)と、背の高さの違いのせいで上手にエッチができないという女性がいるようです。あなたのほうが高身長の場合、足を大きく広げれば腰の位置も下がって彼も挿入しやすくなるかもしれません。

  • 【8】フェラに集中できない「シックスナイン」

    「恥ずかしいのと気持ちいいのがごちゃ混ぜになって、彼のアソコを舐められない」(20代女性)と、うまくフェラができなくなってしまうという女性がいるようです。正直に本心を彼に話し、クンニとフェラを別々にやったほうが賢明かもしれません。

  • 【9】片足を上げるのでつりそうになる「松葉崩し」

    「体が硬いので足が痛くなるんです」(30代女性)というように、体勢を維持するだけでもつらいという女性がいるようです。片足を高く上げるのではなく、彼の脇腹あたりに持っていくなど、「変則的な松葉崩し」を試してみるといいかもしれません。

理性が働いて「恥ずかしい」と思ってしまうということは、そもそも二人の世界に入りこめていない証拠とも言えるのではないでしょうか。ときには恥じらいを捨てて、欲望のままにお互いの体を求め合うことが、理想的なエッチへと近づく第一歩なのかもしれません。(A4studio)
Photo:All images by iStock