私マゾ!?女の子がエッチ中に「ドM」と気がついた瞬間9パターン


個人の性癖は様々であり、男性とのふとした性行為がきっかけで、自身が「ドM」だということに覚醒する場合もあるようです。そこで今回は20代、30代の女性読者に聞いた「私マゾ!?女の子がエッチ中に『ドM』と気がついた瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】フェラをしている際、男性に頭を掴まれたとき

    「彼氏の力強い手のひらから愛情が伝わってきたの」(20代女性)というように、強引に頭を掴まれたことでドMに目覚める女性もいるようです。男性が頭を掴んでくる強弱にシンクロさせるかのようにフェラチオに緩急をつけてあげると、お互いより充実したソフトSMエッチを楽しめるかもしれません。

  • 【2】男性主導の方が気持ちいいと気がついたとき

    「過去にエッチした男は偶然みんな受け身だったから」(30代女性)というように、性行為に積極的な肉食男子と出会ったことで新たな性癖に気がついたという意見も。ピロートーク時などに「○○君のワイルドなエッチって私にピッタリなの」と伝えてあげると、男性側も次回からさらに攻めの姿勢を見せたプレイをしてくれるかもしれません。

  • 【3】挿入中に激しく速いピストン運動をされたとき

    「最近は遠慮がちな男の子が多いから突き上げるような腰の動きにシビれちゃった」(30代女性)など、動物的な動きをする男性とのエッチで価値観が変わったという意見も。見た目からして軟弱そうな人よりも、普段から「ウエイトトレーニング」などを趣味にしている男性のほうが、激しいエッチをする可能性は高いかもしれません。

  • 【4】バックの最中にお尻をスパンキングされたとき

    「最初は痛かったけど3回目くらいから快感に(笑)」(30代女性)など、慣れていくごとに苦痛が気持ちよさへと変化していくという意見も。エッチ中にお尻を叩いてくる男性に出会った場合、「いいけどなるべく優しめにしてね」とお願いして、回数を重ねるごとに強くしてもらうことがポイントかもしれません。

  • 【5】オモチャの手錠などに興奮を覚えてしまったとき

    「コスプレ感覚で使ってみたら見事ドMに覚醒しちゃった」(30代女性)など、エッチの盛り上げグッズの一つとして気軽に手にしたことがきっかけとなるケースもあるようです。大型量販店などで千円前後から取り扱っている場合もあるので、彼氏と赴いたときに冗談半分で購入してみるのもいいかもしれません。

  • 【6】乱暴な言葉責めを自然と受け入れられたとき

    「普段なら落ち込むけど、エッチ中は特別なエクスタシーを感じた」(20代女性)というように、日常生活とプレイ中では言葉を受け取る感覚に違いがあるのかもしれません。いつもなら「○○ちゃん」と呼ばれていても、名前を呼び捨てにしてもらうだけで快感が増していく可能性もあるでしょう。

  • 【7】何度もイカせられることを懇願していたとき

    「アソコを何度も刺激してくる相手と巡り会ったのがきっかけ」(20代女性)など、イカせ上手なパートナーとの出会いでドMに覚醒する場合もあるようです。普段からプレイに物足りないと思っている場合は、あえて気持ちをオープンにすることで新たな境地であるドMプレイができるようになるのかもしれません。

  • 【8】イク瞬間に「このまま失神してもいいな」と感じたとき

    「気絶するのは怖いけど、信頼できる男性が側にいてくれるならOKかも」(30代女性)というように、相手によっては気を失っても安心という意見も。恋人くらい信用性が高い男性とのエッチならば、事前に「今日はマジで気絶しちゃうからね!」と本気の予告をしておくと、万が一の場合も相手の心の準備ができているので大丈夫なのかもしれません。

  • 【9】胸を痛いくらい強めに揉まれたとき

    「以前は甘くつねられるくらいが一番気持ちよかったんですが、変わりましたね」(20代女性)など、デリケートでもある部位ですが、少しくらい痛い方が快感度数も高くドMに気がついてしまったという意見も。自分から男性の乳首などを甘くつねってあげると、男性側もつねり返してくるかもしれないので、自分の中のドM性質を呼び覚ますことができるかもしれません。

SやMといった性癖は人によって千差万別。いつ何時気がつくのかわかりづらいものなのかもしれません。ただし、ドMといってもひどい痛みを伴うプレイは体に傷がついてしまう場合もあるので、パートナーとよく相談をしてからプレイに没頭するのがいいのではないでしょうか。(東賢志/A4studio)
Photo:All images by iStock