備えあれば好感度アップ!雨デートで彼氏に褒められる行動9パターン


雨の日の外出はついついおっくうになってしまうもの。でも、面倒な状況を逆手に取って、準備万端で彼氏とのデートに向かえば、「デキる女」をアピールできるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性406名に聞いたアンケートを参考に「備えあれば好感度アップ!雨デートで彼氏に褒められる行動」をご紹介します。

  • 【1】濡れてしまったときのために、2人分のタオルを持参する

    「『肩に雨がかかってるよ』なんて拭いてくれたら、その場で抱きしめたくなるかも!」(10代男性)というように、拭く物を持って行くのは基本かもしれません。「これ使って」と彼氏用のタオルを渡せば、「お、俺のために!」と喜んでもらえるでしょう。

  • 【2】水に強い化粧品やヘアケア用品で身支度を整える

    「まとめ髪は珍しいなと思ったら、『湿気で爆発するから…』と照れ笑い。なんか新鮮でした!」(20代男性)というように、雨の日仕様の身だしなみも好感を持たれるようです。もし彼氏の好みと違っても、キレイに保とうとする姿勢に胸キュンしてもらえそうです。

  • 【3】雨の強さに応じて、大げさすぎないレインシューズを選ぶ

    「小雨なのにゴツい長靴とかで来られると、逆に『準備わりぃな』と思う」(10代男性)というように、装備が適切かどうかも重要そうです。合皮の靴や防水スプレーなどを活用すれば、雨天用の靴を何足も買い揃えずに済むでしょう。

  • 【4】雨が当たっても気にしなくていいよう、防水加工の鞄を用いる

    「『中まで水が染みてる!』とかって不機嫌になられたら、こっちまでイライラしそう」(10代男性)というように、濡れても大丈夫な鞄で行けば、いらぬトラブルを避けられるかもしれません。雨でもデートを楽しめるように工夫して、1日笑顔でいたいものです。

  • 【5】風が強くなる予報なら、丈夫な傘で待ち合わせ場所に向かう

    「自分のビニール傘は壊れたけど彼女のが頑丈だったから、相合傘で一日過ごせた!」(10代男性)というように、備えが十分なら、嬉しいハプニングを引き寄せることもできそうです。その上、「しっかり者」だと一目置いてもらえる可能性もあるでしょう。

  • 【6】地下街やアーケードなど、濡れずに歩ける経路を調べておく

    「彼女の誘導で外に出ることなく店に到着。めちゃくちゃ用意いいな!と感心した」(20代男性)というように、雨に当たらないルートを案内するのも、ありがたがられるでしょう。猛暑日などにも役立つので、よく行く街なら確認しておいて損はなさそうです。

  • 【7】「雨の日優待」などがある店を、彼氏にそれとなく勧める

    「空いてたしお財布にも優しくて助かった!マメな彼女に感謝です」(10代男性)というように、雨ならではの特典を紹介して、高評価を得たケースです。お得だからとゴリ押しすると「貧乏臭い…」と嫌がられるおそれもあるので、控え目に提案しましょう。

  • 【8】濡れたものを持ち帰るための袋を鞄に入れておく

    「『使ったタオルを入れて』とポーチを差し出されて、女性らしいなぁ…とうっとりしてしまった」(20代男性)というように、袋1つで、女としての株を上げることもできるようです。できればレジ袋ではなく、防水の化粧ポーチなどを用意したいところです。

  • 【9】急きょ家デートに変更になったときのために、部屋を掃除して出掛ける

    「いきなり押し掛ける形になったけど、バッチリ片付いていて惚れ直した!」(20代男性)というように、自室を完璧に整えて外出すれば、もしもの場合も安心でしょう。突然の訪問であればなおさら「このキレイな状態がデフォルト」だと印象づけられそうです。

雨の日は相手のテンションも下がり気味なので、ちょっと気の利いた振る舞いをするだけでも好感度アップにつながりそうです。雨デートこそ、自分の魅力をアピールする絶好の機会かもしれません。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2015年1月8日から15日まで
対象:合計406名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock