気になる彼に接近したい!肉食女子のLINE活用法9パターン


男性との距離を縮める上でLINEは効果的なツール。しかし、ただワイワイと雑談しているだけでは、なかなか恋愛モードに持ち込めないもの。これぞ本命!という相手には積極的に仕掛けていく必要がありそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性406名に聞いたアンケートを参考に、「気になる彼に接近したい!肉食女子のLINE活用法」をご紹介します。

  • 【1】「あなたともっとお話したいな」と積極的に好意を示す

    「結局ストレートな言葉が一番」(20代女性)など、「もっと親しくなりたい」という気持ちをハッキリ伝えると、男性の態度が変わってくる可能性は高そうです。まだ付き合いが浅く、LINEでつながったばかりの男性ほど効果は高いでしょう。

  • 【2】「この間はどうもありがとう、優しいんだね」と大げさなくらいお礼を述べる

    「お礼にかこつけて自然に好意をアピール」(20代女性)など、気になる男性に些細なお願いをし、それに対して感謝をしまくる作戦も有効なようです。「尊敬しちゃう」「色々知っててすごいね」など、褒め称えるセリフにはバリエーションを持たせたいところです。

  • 【3】「面白いスタンプ見つけたよ!」とちょっとした話題を毎日のように送る

    「どんな話題でもいいから毎日声をかける」(10代女性)など、とにかく頻繁に話しかけ続けることで、着実に存在感を示す人もいます。共通の話題が少ない相手でも、スタンプを駆使してやりとりを引き延ばせば、多彩な反応を引き出せるでしょう。

  • 【4】「返事遅れてごめんね」と、いつも即レスするのではなく返信のタイミングをずらす

    「わざと遅らせたり、たまに既読スルーもして揺さぶる」(20代女性)など、返信タイミングを工夫することで、駆け引きを狙うパターンです。即レスや既読スルーを織り交ぜて押したり引いたりするうちに、男性の興味を掻き立てられるかもしれません。

  • 【5】「趣味は何?」「最近何してる?」と疑問形を連発し、会話を途切れさせない

    「とりあえず文の最後は?で終わらせて、細く長く続ける」(20代女性)など、会話を短期間で終わらせないために、「相手への質問を投げ続ける」という戦略もあります。一気に急接近するより、じっくり腰を据えて徐々に仲良くなりたい相手に使いたいところです。

  • 【6】「久しぶりに会いたいな。ご飯いこうよ」とストレートに食事に誘う

    「LINEだけじゃ進展しない。やっぱり会う機会を作らないと」(20代女性)など、LINEはあくまでも気軽な連絡ツールとして使い、そこを足掛かりに積極的にデートに誘う発想もあります。日常的にLINEを使う習慣のない相手を落とすなら、そのほうが話は早いでしょう。

  • 【7】「今度そのライブ行ってみたいな」と相手が興味を持ちそうなイベントの話題を振る

    「会話の流れでデートに誘われるように仕向ける」(20代女性)など、やり取りの中で、「誘ってほしいサイン」を出しまくる手もあります。相手の趣味の話に乗りながら、「私もやってみたいな」「最近暇なんだ」といった水を向けるセリフを繰り返してみましょう。

  • 【8】「みんなには秘密で話したいことがあって」とグループから個人のやり取りに移る

    「『みんなには内緒ね』でこっちを強く意識させる」(10代女性)など、グループチャットの裏側で二人きりのやり取りをすることで、秘密を共有している連帯感を育む方法です。プライベートな相談ごとを持ちかけたりして、さりげなく誘いましょう。

  • 【9】「直接声を聞いて話したいから、掛けていい?」と通話に誘う

    「かわいく甘えて電話に持ち込む。文章より絶対仲良くなる」(10代女性)など、メッセージのやり取りよりも「通話」をメインにすると、距離感を一気に縮められるようです。会話が盛り上がりそうなタイミングで、「超楽しいから電話にしない?」と提案してみましょう。

文字のやり取りで仲良くなることを目指すより、どうやって自分を意識させるかを考えることで、LINEを使う価値はますます高まりそうです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2015年1月8日から15日まで
対象:合計406名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock