なぜかいつもバレてしまう…社内恋愛を隠せない女子の特徴9パターン


同じ職場での恋愛は、楽しい反面周りへの気まずさもあるもの。うまく隠そうとしても、なぜか毎回周りに知られてしまう女子も少なくないようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「なぜかいつもバレてしまう…社内恋愛を隠せない女子の特徴」をご紹介します。

  • 【1】休日もマメにSNSを更新して行動が丸裸である

    「『映画館来た!』とか写真をアップするから、あれ?隣にいるの…?とかすぐバレちゃう」(20代女性)というように、うかつな投稿が元で交際が発覚するケースです。「位置情報が○○くんの近所だな」など、細かい部分をチェックされることもあるので、デート中は投稿を控えるのが無難でしょう。

  • 【2】良くも悪くも素直で一緒にいると態度が変わる

    「明らかに親しげにしてる相手がいる」(10代女性)というように、正直な人は注意していないと「いつも通り」の態度で接してしまう可能性がありそうです。彼氏をあだ名で呼んでしまったりしないよう、「うっかりミス」にも気を付けましょう。

  • 【3】「内緒だからね」と自分から周りに明かしてしまう

    「結局、隠し事ができないタイプなんだよね」(20代女性)というように、そもそも自分から社内恋愛を明かしているケースもあるようです。他人の口に戸は立てられないので、「内緒話」として口止めしたからといって、安心してはいけないでしょう。

  • 【4】デート現場を目撃されてしまう詰めの甘さがある

    「会社の近くでデートしてるから、いろんな人に見られてる」(10代女性)というように、近場でのデートは、「隠す気なし」と思われても仕方がないかもしれません。本当に隠しておきたいなら、会社から何駅か離れた場所で待ち合わせるくらいの警戒心が必要ではないでしょうか。

  • 【5】過去の恋バナを話す程度にプライベートでも同僚と親しい

    「『○○くんが気になる』とか言ってると、うまくいったら報告せざるを得なくなる」(20代女性)というように、片想い時代から同僚に相談に乗ってもらっていると、隠し通すことは難しいかもしれません。社内の相手に恋をしている場合は、成功確率に関係なく実名は隠し通したほうがいいでしょう。

  • 【6】恋愛体質で、彼氏ができると見た目が変わる

    「びっくりするくらいイメチェンしてて、それが同僚の好みのタイプだったから察しがついた」(20代女性)というように、彼氏の影響を受けやすい女性は、見た目の変化で見破られることがあるようです。このタイプだと自覚している女性は、念のため「恋愛体質」を口外しないほうがいいかもしれません。

  • 【7】焼きもちやきで嫉妬が表情に出てしまう

    「ほかの女子としゃべってるときのジェラシーの顔がすごい!」(10代女性)というように、思っていることが顔に出てしまう女性は、彼氏を見る自分の視線を意識したほうがよさそうです。自信がなければ、女性と一緒にいるとわかった瞬間、目をそらしたほうがいいでしょう。

  • 【8】尽くしたがりで、彼氏に「女の影」を残してしまう

    「コンビニ弁当だった男子が急にお弁当とか持ってくると、彼女ができたのはわかる」(20代女性)というように、男性側の変化から「誰と付き合ってるんだろう?」と勘繰られることもあるようです。ハンカチにアイロンをかけたりする世話焼き行為も、危険かもしれません。

  • 【9】恋愛経験があまりなく、隠すテクニックがない

    「慣れてないと、どこからバレるかもわかんないんだと思う」(20代女性)というように、あまりに実践経験が乏しいと、注意すべきポイント自体がわからないのかもしれません。会社関係以外で、恋愛経験の豊富な女友達に、一度相談してはいかがでしょうか。

本人は「なぜかいつも知られてしまう」と感じていても、社内恋愛がバレる人にはそれなりの理由があるようです。まずは表情と態度、デートスポットに気を付けるところからはじめましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から16日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock