巨乳派よりも多い!?「貧乳」が支持される意外な理由9パターン


みずからの「控えめな胸」にコンプレックスを感じている女性は少なくないかもしれません。しかし、バストは大きいほうが良いという風潮がある一方で、実は「小さいほうが良い」という信念を持っている男性は意外と多いようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性354名に聞いたアンケートを参考に、「巨乳派よりも多い!?『貧乳』が支持される意外な理由」をご紹介します。

  • 【1】過剰なセクシーさを感じず、清楚に見えるから

    「正式に付き合うなら清楚なイメージの人がいい」(10代男性)というように、「セクシー」よりも「清潔感」を重視する男性は多いようです。無理に胸元を寄せて上げたりせず、シンプルで透明感のあるおしゃれを意識すると、長所をアピールできそうです。

  • 【2】少女っぽさを感じさせて保護欲をそそるから

    「本能的に『この娘は俺が守らねば!』と思うのは貧乳のほう」(20代男性)というように、未成熟な「少女性」を連想させるのか、小さな胸は男性の保護欲を刺激するようです。気になる男性には積極的にお願いごとをするなど、頼りにしてみるといい反応が得られるかもしれません。

  • 【3】華奢なシルエットで服をおしゃれに着こなせるから

    「かわいい系でもモード系でも似合うし、今風に見える」(10代男性)というように、着こなしの点で、控えめな胸を評価する男性もいます。体型に左右されず好きな服を自由に選べると考えて、色々なシルエットの服に挑戦するとよいでしょう。

  • 【4】スレンダー女子に知的なイメージがあるから

    「完全に偏見だが、ムチムチ系の女子より賢そうに見える」(20代男性)というように、胸の控えめな女性に対して「賢そうな印象」を受けるという意見もあります。なんの根拠もありませんが、せっかくなので眼鏡を掛けてみるなど、知的なイメージに便乗してもよいでしょう。

  • 【5】主張しすぎないボディに奥ゆかしさを感じるから

    「いい意味で儚く見えるところに日本的な色気がある」(20代男性)というように、むしろ控えめな胸にこそエロスを見出す男性も少なくありません。普段はなるべく性的なイメージを抑えておくほど、ギャップ効果が期待できそうです。

  • 【6】コンプレックスの裏返しで女性らしさが強調されるから

    「胸以外の部分で女性らしさをカバーしようとするのがいい」(20代男性)というように、胸の小ささを気にしている人は、その分態度や行動が女性らしくなるという意見もあります。普段から仕草や言動に気を配り、しとやかに振る舞いたいところです。

  • 【7】ギュッと抱きしめたときにつっかえず、密着感があるから

    「間にクッションがないから、しっかり抱きしめられそう」(20代男性)というように、胸にボリュームがないからこそ、満足感のある抱擁が期待できるという人もいます。誰かとハグをする機会があれば、全身をしっかり密着させて抱きつくと良いでしょう。

  • 【8】歳をとっても垂れない安心感があるから

    「将来を考えると、巨乳にはリスクがあると考えざるを得ない」(20代男性)というように、年齢を重ねても「垂れない」という優位性を指摘する男性もいます。とはいえ油断することなく、美しいハリを保てるように日頃からケアを怠らないようにしましょう。

  • 【9】性的な匂いが薄く、プレッシャーがなく付き合えそうだから

    「巨乳の女性には、男として試されているような気分になることがある」(20代男性)というように、性的なプレッシャーがないことが好ましいと感じる男性もいるようです。男性と会話するときは、下ネタなどは極力避け、性的に控えめなタイプであると印象付けたいところです。

「貧乳派」の男性には様々な価値観があるようです。個性を魅力的にアピールできるように、参考にしてみてはいかがでしょうか。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2015年2月9日から16日まで
対象:合計354名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock