「仕事する気ある?」とお局様に目をつけられるクールビズ


女性のクールビズは、自然と肌の露出が増えるもの。お洒落をするなら男性ウケを気にするのは当然ですが、やりすぎるとお局様から目をつけられることにもなりかねません。そこで今回は、10代から20代の独身女性382名に聞いたアンケートを参考に「『仕事する気ある?』とお局様に目をつけられるクールビズ」をご紹介します。

  • 【1】胸元が大胆に開いた「開襟シャツ」

    「『誘ってるわけ?』と嫌味を言われました」(20代女性)というように、胸元が大きく開いたシャツは、少しセクシーすぎるかもしれません。男性にしてみても「どこを見ていいかわからない」という感想は同じだと思われるので、胸を強調するデザインは避けたほうがいいでしょう。

  • 【2】下着が見えそうで動きにくい「ミニスカート」

    「『働く気ないでしょ』と叱られました…」(10代女性)というように、ミニスカートは動きにくい服装でもあるため、特に力仕事の多い職場では「やる気なし」と判断されるようです。丈が短すぎないキュロットなどであれば、可動性の面でも問題なさそうです。

  • 【3】暑くてもやりすぎ!「キャミソール」

    「『TPOを考えて!』と言われちゃいました(苦笑)」(20代女性)というように、涼を求めるためのクールビズですが、キャミソールはさすがにビジネスの場にそぐわないかもしれません。どうしても着たいのなら、オフィスでは薄手のカーディガンを羽織ると、男性の視線が集中することもないでしょう。

  • 【4】下着が透けて見える「シフォンブラウス」

    「派手な色の下着だったので、余計に怒られました」(20代女性)というように、薄手のブラウスは下に着たものが透けやすいので、もう一枚インナーをつけたほうがよさそうです。チラリズムで男性をドキドキさせるつもりなら、就業中はカーディガンを羽織り、終業後に脱いではいかがでしょうか。

  • 【5】二の腕が強調される「ノースリーブ」

    「『細くていいわねー』というのは完全に嫌味だと思う(苦笑)」(20代女性)というように、肌見せが大胆なノースリーブのトップスは、お局様の神経を逆なでするアイテムかもしれません。脇の隙間から下着がのぞくこともあるので、男性社員をギョッとさせる危険もありそうです。

  • 【6】さすがにラフすぎる「Tシャツ」

    「『夏休み?』と聞かれてしまいました」(10代女性)というように、Tシャツ一枚という出で立ちは、仕事相手に対して失礼かもしれません。とはいえきちんとしたアウターを羽織るだけで印象が変わるので、オフィスに薄手のジャケットを置いておいてはいかがでしょうか。

  • 【7】デートに行くような「ホルターワンピ」

    「『今日は合コン?』と言われてから、着ないことにしてます…」(20代女性)というように、男性ウケのいいアイテムが、必ずしも職場で受け入れられるとは限らないようです。「やる気のない子」というイメージは男性からの評価にも関係するので、職場に意中の人がいる女性は、特に注意しましょう。

  • 【8】太ももがまぶしい「ショートパンツ」

    「チクリと『プールに行くみたいね』と言われました」(20代女性)というように、ショートパンツから伸びる生足は、お局様に目をつけられるかっこうの対象となりそうです。肌見せを抑えるために黒いストッキングなどと合わせる手もありますが、そこまでして職場にはいていく必要はないでしょう。

  • 【9】セクシーすぎる「スリット入りトップス」

    「『流行だからってそんなの着てこないで!!』と釘を刺された」(20代女性)というように、トレンドアイテムとして街では普通に着られている服も、オフィス向きかどうかはわかりません。背中のスリットはジャケットなどで隠し、飲み会でいきなり上着を脱ぐと、男性陣をドキッとさせられそうです。

露出が多すぎる服は、お局様から目をつけられやすく、職場の男性陣を不要にドキドキさせてしまうようです。「モテ」という視点ばかりを気にせず、TPOに合った服装を心がけましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2015年1月8日から15日まで
対象:合計382名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock