バツイチだからこそ見せたい「大人のオンナの余裕」9パターン


結婚生活は、男女の人間関係を学ぶ上で一番といっていい実戦の場。そのため、結婚経験者であるバツイチ女性との交際は「未婚の女性と比べてスムーズなはずだ」と思われているようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性244名に聞いたアンケートを参考に「バツイチだからこそ見せたい『大人のオンナの余裕』」をご紹介します。

  • 【1】喧嘩したときは先に折れる

    「男が謝れない生き物だって理解してくれていそう(笑)」(20代男性)というように、バツイチ女性には、何か問題が起きたときに穏便に解決する能力が求められているようです。謝るのが癪なら、喧嘩になる前にことを収める努力をしてはいかがでしょうか。

  • 【2】男性に自分の理想を押し付けない

    「現実を見てるから、多少は諦めてくれそう」(20代男性)というように、男性の言動に高いハードルを設けないという部分で、バツイチ女性は多大な期待を寄せられているようです。細かい条件をいくつも設定して、交際する相手を限定するのもやめたほうがいいでしょう。

  • 【3】ある程度の家事能力がある

    「結婚してたなら、きっと料理とか上手だよね」(20代男性)というように、結婚生活を円滑に進められるだけの家事は、「できて当然」と思われているフシがあるようです。掃除が苦手だったり、料理ができなかったりするとガッカリさせてしまうので、せめて苦手意識をなくすためにトレーニングをしましょう。

  • 【4】プライドを大切にして男を立てる

    「男の扱いはお手の物なんじゃない?」(20代男性)というように、男性と生活を共にした経験から、気分良く付き合えるコツを知っているはずだと期待されるケースです。鋭いダメ出しをせず、「すごい!」とマメに褒めるなど、簡単なところから習慣化していきましょう。

  • 【5】結婚への焦りがないぶん落ち着いて付き合う

    「『恋愛イコール結婚』という図式はなさそうだから、アラサーでも気楽に付き合える」(20代男性)というように、バツイチ女性は盲目的に結婚を夢見ることがないと思われているようです。とはいえ、だからといって遊び相手にされないよう、誠実な相手を選びたいところです。

  • 【6】多少は男心を尊重して受け入れる

    「趣味とかに寛大なんじゃないかな」(20代男性)というように、バツイチ女性は男性の生態を理解しているために、趣味や収集癖に目をつぶってくれるだろうと思われる場合もあります。すべてを受け入れる必要はありませんが、多少は大目に見てあげたほうがいいかもしれません。

  • 【7】記念日など面倒なことを省略する

    「イベントごとにはしゃいだりしない、大人なイメージ」(20代男性)というように、「バツイチ女性ならクリスマスや誕生日もそこまで大切にしないだろう」と考える男性は多いようです。相手は油断しているので、もし盛大に祝いたいなら、事前にしっかり宣言しておく必要がありそうです。

  • 【8】経済観念がしっかりしている

    「家計を任されてた人だから、信頼できる」(10代男性)というように、バツイチ女性は「お金の管理がしっかりできる人」と思われているようです。浪費癖などが発覚すると、「だから離婚したのか…」とあらぬ誤解を受けてしまうので、自覚のある人は矯正を心がけましょう。

  • 【9】束縛せず、適度な距離感を保つ

    「恋愛に対して落ち着いてそうなところがいい」(20代男性)というように、バツイチ女性はあまり独占欲を発揮しないだろうと認識されているようです。仕事など、ほかに打ち込みたいことがある男性をターゲットにすると、うまくいきやすいのではないでしょうか。

結婚生活の経験から得られるスキルと、離婚経験から得た反省から、バツイチ女性には恋人としてのさまざまなメリットがあると思われているようです。多少はこれらのことを期待されていると自覚して、恋愛に挑みましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から3日まで
対象:合計244名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock