早く終わってくれ…女子特有のガッカリトーク9パターン


彼氏が穏やかな表情でこちらの話に相づちを打ってくれたら、ついつい気分よく話し続けてしまうもの。でも、話題によっては、内心「早く終わんねえかな…」と退屈されているかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性170名に聞いたアンケートを参考に「早く終わってくれ…女子特有のガッカリトーク」をご紹介します。

  • 【1】ヤマもオチもなくダラダラ続く「今日あったことの話」

    「結局なにを伝えたいんだか…。毎日やられたらかなり苦痛!」(10代男性)というように、自分の日常をただただ時系列を追って話すだけでは、ウンザリされてしまうようです。とはいえ一切報告しないのもヘンなので、どこか一場面に絞って短時間で終わらせるといいでしょう。

  • 【2】スベること必至の「おもしろいことがあったの!から始まる話」

    「この手の出だしはまず期待できない。彼女に合わせて笑ってあげてるけど…」(20代男性)というように、興味を引くための前振りが逆効果になるケースです。自分だけ先に笑ってしまうのも、相手をしらけさせる原因になるので気をつけましょう。

  • 【3】知らない人物が次々登場する「グループ内のもめ事の話」

    「出てくる人達のキャラとかもよくわからないし、完全に他人事です」(10代男性)というように、内輪話も敬遠されそうです。「こういう場合、あなたならどうする?」と相談を持ちかける形にすると、自分にあてはめて聞いてもらえるかもしれません。

  • 【4】別世界のことにしか思えない「ファッションやメイクの話」

    「『いいじゃん』とか応えるものの、実はなにを言われてるのか意味不明(汗)」(10代男性)というように、相手に馴染みのないジャンルの話も避けたほうが無難でしょう。彼氏の趣味を探る目的なら、「こういうの好き?嫌い?」と二択で尋ねたほうが早そうです。

  • 【5】実は興味なし…とは突っ込みづらい「ペットの話」

    「かわいいとは思うが、彼女との温度差は否めず…。若干引くこともある」(20代男性)というように、自分にとってはすべてが愛おしい存在の話でも、相手も同じとは限らないようです。ペットを彼氏と引き合わせてなつかせてからなら、共感してもらえるでしょう。

  • 【6】同意しても批判しても角が立つ「家族や友人の愚痴」

    「反応に迷うし、彼女のこともイヤな感じに見えてきて…」(10代男性)というように、他人に対する不平不満は、度が過ぎると自分の首を絞めることにもなりそうです。「愚痴っていい?」と前置きして後腐れなく終わらせれば、失望は免れるかもしれません。

  • 【7】自分が怒られている気になる「男性一般にダメ出しする話」

    「俺は別だと言われても、反論したくなってくる!」(20代男性)というように、「女性vs男性」の構図を持ち込むと、激論を招くおそれがあります。軽い気持ちで男性批判を始めてしまったら、早めに「性別は関係ないね」などとフォローして、衝突を避けましょう。

  • 【8】勝手に怒って、泣いて、解決する「一人芝居のような話」

    「話して落ち着いたんだろうけど、付き合わされた俺の立場は…?」(10代男性)というように、「自分はいなくても同じだ」と感じさせるようなトークは、嫌がられて当然かもしれません。「聞いてくれてありがとう」と存在自体に感謝すれば、機嫌を直してもらえるでしょう。

  • 【9】どんな意見にも難癖をつけたがる「イライラ全開の話」

    「何を言ってもキレられたら、だんまりを決め込むしかない。頭を冷やせと言いたいです」(20代男性)というように、明らかな八つ当たりは、退屈されるどころか怒りを買ってしまいそうです。自制が利かなそうな予感がしたら、一人で過ごしたほうが安全かもしれません。

取り上げる話題もさることながら、語り方にも気を配る必要がありそうです。話すことに夢中になるあまり、聞く側の気持ちを無視しないよう気をつけたいものです。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から17日まで
対象:合計170名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock