雨降って地固まる!?ケンカを通じて彼女に惚れ直した瞬間9パターン


誰だって愛する彼氏と揉めたくはないものですが、「ケンカしたからこそ、彼女のステキな一面がわかった!」と株を上げる結果になることもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性聞いたアンケートを参考に「雨降って地固まる!?ケンカを通じて彼女に惚れ直した瞬間」をご紹介します。

  • 【1】こちらの話を遮らず、熱心に耳を傾けてくれたとき

    「普段はマシンガントークの彼女が、じっと黙って…。フェアな性格なのがよくわかった」(20代男性)というように、相手の考えを知ろうとする姿勢が、信頼を深めたケースです。せっかくの信用を落とさないよう、自己主張もなるべく穏やかにしたいものです。

  • 【2】まじめに怒っている顔が妙にかわいかったとき

    「彼女を見てたら自然に笑顔になってきて、そのままケンカ終了!」(10代男性)というように、想いを伝えるために必死な姿を見せるだけで、好感を与える場合もあります。意図してやるのは難しそうですが、付き合い始めの頃などには、こんなラッキーな展開もあり得るでしょう。

  • 【3】「お互い一旦落ち着こう?」と大人の態度を取ったとき

    「向こうのほうがだいぶ年下なんですが、意外としっかりしてるんだなと見直しました」(20代男性)というように、いつもとは違う大人びた対処で、一目置かれるケースです。ただし「大人の態度」を勘違いして、相手を子ども扱いしないよう気をつけましょう。

  • 【4】家族や友人など、第三者の気持ちを優先したとき

    「自分が損しそうなのに大事な人を優先できるってすごい!と思った」(10代男性)というように、ケンカの勝敗にこだわらず、ほかの誰かに花を持たせるのは、賞賛に値する行為でしょう。「そういうことなら」と彼氏も気持ちよく納得してくれそうです。

  • 【5】感情的にならずに、説得力のある意見を冷静に述べたとき

    「ギャーギャーまくし立てられていたら、暴言の応酬で泥沼化してたかも…」(20代男性)というように、怒りをぶちまけるのではなく、努めて冷静であろうとする態度が評価されるパターンです。論理的な説明を心掛けるうちに、妥協点がすんなり見つかるかもしれません。

  • 【6】「好きだから言ってるんだよ」とポロポロ泣き出したとき

    「本気で泣かれたら、観念するしかありません!」(10代男性)というように、女性の涙に弱い男性は、やはり多いようです。泣き真似はもちろん、もともと涙腺が弱くて「嘘泣き?」と誤解されそうなら、彼氏への愛を込めた一言を付け足すと効果的でしょう。

  • 【7】「面倒くさくてゴメン…」としょんぼりしたとき

    「さんざん気持ちをぶちまけた挙げ句、勝手に反省(笑)。思わず許しちゃいました」(20代男性)というように、どことなく憎めない言動で、彼氏を和ませる女性もいます。「ヒートアップしすぎた!」と感じたら、ふいにおとなしくなってみるのも手かもしれません。

  • 【8】「私がよくなかったね」と素直に非を認めたとき

    「意地の張り合いになったとき彼女が先に折れてくれた。人として俺の負け…」(10代男性)というように、潔く謝ると、むしろ感服されるようです。とはいえ、「ごめん」と言うだけでは誠意が伝わりにくいので、謝罪の理由も述べたほうがいいでしょう。

  • 【9】「ケンカはもうおしまい!」とさっぱり気持ちを切り替えたとき

    「彼女は怒りを引きずるタイプじゃないから、意見が対立しても安心して話し合える」(20代男性)というように、後腐れなく言い争いを終えることができれば、ケンカをかけがえのないコミュニケーションに変えられるかもしれません。遠慮なく本音を言い合うことで、二人の距離も縮まりそうです。

ひどい言い争いになっても、「自分のかわいくない部分を見せてしまった…」と落ち込む必要はないのかもしれません。ケンカの原因が何であれ、愛情を持ってぶつかることが大切でしょう。(安藤美穂)
Photo:All images by iStock