ロングヘアの女性の些細な行動に胸キュンする瞬間9パターン


女性のロングヘアは古くから美しさの象徴であり、男性にとって憧れの的といえます。その魅力をより強く発揮させるためには、ロングヘアが男性をドキッとさせる瞬間をよく理解しておくことが重要といえるでしょう。そこで今回は、『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「ロングヘアの女性の些細な行動に胸キュンする瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】振り向きざまに長い髪がフワッと広がるとき

    「回転しながら広がる髪の曲線が美しすぎる」(20代男性)など、ロングヘアならではの自在に広がる魅力が、男性の心をつかむパターンです。その際、一緒にシャンプーの香りがふんわりと漂うことも重要なポイントでしょう。

  • 【2】風が吹いて、長い髪がなびいているとき

    「なびいた髪がさらさら揺れて、太陽でキラキラ光ってたら最高」(20代男性)など、風になびいてよく動くのもロングヘアならではの特徴です。こまめなブラッシングで髪をサラサラにしておくことで、なびいたときの美しさをキープできるでしょう。

  • 【3】日によってスタイリングが色々変わっているとき

    「色々な位置でくくったり下ろしたり、毎日顔を見るのが楽しみ」(20代男性)など、日によって変わるアレンジの豊富さも、男性の目をつかんで離さないようです。色々な髪型のバリエーションに挑戦することで、男性の視線を惹きつけられるでしょう。

  • 【4】毛先を指でクルクルして遊んでいるとき

    「暇そうな仕草だけど、つい目で追ってしまう」(10代男性)など、長い毛先をクルクルと弄ぶ仕草は、ロングヘアならではのクセとして魅力的に映るようです。ただし、やりすぎると、「退屈している」と勘違いされるかもしれません。

  • 【5】髪を束ねて、普段隠れているうなじが見えたとき

    「ポニーテール最強! ポニーテール最強!」(20代男性)など、普段隠れているうなじが見えた瞬間に、えも言われぬ感情を覚える男性は多いようです。常に露出するのではなく、たまに見えることがポイントでしょう。

  • 【6】まとめている髪を下ろして、急に大人っぽく見えたとき

    「一瞬で雰囲気が変わるから、驚きとトキメキでどうにかなる」(20代男性)など、普段まとめている髪を下ろした瞬間のギャップは、男性のハートをわしづかみにする定番アクションのようです。ただし、下ろした髪にゴムの跡がついてしまっていると効果は半減でしょう。

  • 【7】お風呂上がりで長い髪がぺたんと濡れているとき

    「修学旅行の夜に見た、好きな子の濡れ髪を思い出すと今でも身悶えする」(30代男性)など、湯上がりでツヤツヤ輝いているロングヘアは、日中とまったく違う印象を男性に与えるようです。旅行などの特殊な状況では、濡れ髪を男性に見せつけてもよいでしょう。

  • 【8】仕事や食事の前に、手際よく髪をくくる動きを見たとき

    「ゴムでくくったり、片方の肩にまとめて寄せたりする仕草に萌える」(20代男性)など、ロングヘアだからこそ必要になる「髪をまとめる」仕草は、その自然さゆえに男性の心を打つようです。さりげなく無駄のない動きがポイントでしょう。

  • 【9】着物やドレスに合わせて、髪をアップにしているとき

    「正装したときの華やかさはロングヘアの特権だと思う」(30代男性)など、アップにしたロングヘアの豪華な美しさは、着物やドレスの華やかさと相まって強烈なインパクトを持っているようです。大胆にアップにすることで男性にアピールできるでしょう。

ほかにも、「ロングヘアの女性の些細な行動に胸キュンする瞬間」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock