「俺への興味ゼロだな…」初対面で誤解される態度9パターン


出会いを恋愛に発展させるためには、お互いに「相手に興味を持つ」という段階が不可欠でしょう。しかし、初対面での態度によっては、最初から男性に「こっちに興味なさそう」と誤解されてしまう場合もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に、「『俺への興味ゼロだな…』初対面で誤解される態度」をご紹介します。

  • 【1】ずっと無表情のままで、冗談にも一切反応しない

    「笑顔がない相手と仲良くなるのはムリ」(20代男性)というように、表情が硬すぎると「会話を続けたくないのでは?」と思われるようです。お互いに緊張する初対面の場面では、いつも以上に表情を豊かにして、感情をわかりやすくアピールしたほうがいいでしょう。

  • 【2】何を問われてもハッキリ返事をしない

    「はぁとかへぇとか曖昧なことしか言わない人とはやりとりが続かない」(20代男性)というように、初対面では共通の話題が少ないからこそ、「会話のキャッチボール」を強く意識する必要がありそうです。相手の質問には具体的に答え、次に話をつなげるきっかけを提供しましょう。

  • 【3】相手が話している最中にスマホをいじる

    「普通に考えて、目の前にいる人間に失礼でしょ」(10代男性)というように、相手そっちのけでスマホをいじるのは、初対面かどうかにかかわらず、単純にマナー違反といえそうです。緊急の用事でどうしても触らなければいけないときは、一言断ってからにすべきでしょう。

  • 【4】きっちりとした敬語を使い、あまりに礼儀正しすぎる

    「どんなに満面の笑みでも営業スマイルに見える」(20代男性)というように、初対面の男性に礼儀正しく接するのは良いことですが、完璧すぎると儀礼的に映るようです。個人的に親しくなりたいなら、失礼のない範囲で敬語を崩すなど、多少のフランクさを見せてもいいでしょう。

  • 【5】正面で向き合わず、身体を横や斜めに向ける

    「早くこの場から逃げ出したそうに見えます」(20代男性)というように、しゃべるときの身体の向きで興味の有無を判断されることもあるようです。身体ごとまっすぐ向けるのが最善ですが、横並びに座っている場合は、身体をひねって目線を向けましょう。

  • 【6】聞かれたことに短く答えるだけで、自分からは一切質問しない

    「何も聞いてくれないってことは興味がないわけで…」(20代男性)というように、相手について知りたがる姿勢を見せないのは、「どうでもいいと思っている」との誤解を招きやすいようです。最初は「共通の知人」や「仕事」といった当たり障りのないネタから始めれば、自然に会話がつながりそうです。

  • 【7】しきりに髪や爪を気にするなど、相手との会話に集中しない

    「毛先をチェックし始めたら退屈ってことでしょ?」(10代男性)というように、トークの最中にいきなり身繕いし出すのも、「アナタに興味がない」というサインに受け取られるようです。そもそも、枝毛やささくれが気になっても、人前ではガマンするのがレディのたしなみでしょう。

  • 【8】事務的な会話以外のプライベートな話題をスルーする

    「多少は個人的な話もしなきゃ打ち解けられない」(20代男性)というように、プライベートな話題をごまかしすぎると、相手に壁を感じさせるようです。下世話な話に付き合う必要はありませんが、個人的な質問に応じれば親近感を抱いてもらえるでしょう。

  • 【9】聞かれてもいないのに、男友達や元カレなどほかの男性の話をする

    「『アナタよりいい男が周りに大勢いる』って聞こえる」(20代男性)というように、初対面の人に「その場にいない男性の話」をすると、相手が気圧されてしまうかもしれません。少しでも「今後」を期待する相手なら、ほかの男性の影はなるべく感じさせないのが賢明でしょう。

初対面だからと遠慮しすぎたり、壁を作りすぎると誤解を招きやすいようです。オープンマインドで接したほうが恋愛チャンスは広がるでしょう。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock