女性ばかりの職場でも大丈夫!出会いを引き寄せる工夫9パターン


職場に男性がいなかったり、いても年配の既婚者ばかりだと、「出会いがない!」とぼやきたくもなるもの。とはいえ、そんなお先真っ暗に思える状況でも、策を練ればステキな人にめぐり会うチャンスがつかめるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「女性ばかりの職場でも大丈夫!出会いを引き寄せる工夫」をご紹介します。

  • 【1】他部署や取引先に赴くときは女子力高めで向かう

    「運命の人にどこで会うかわからないから、油断は禁物!」(20代女性)というように、女性としての魅力を保っておくのは基本中の基本でしょう。行き慣れた場所であっても、異動などでメンバーが変わっている可能性もあるので、望みは捨てずにいたいものです。

  • 【2】男性が多い会社に勤めている友人に、きっかけ作りをお願いする

    「『女性が足りないから』と願ってもない誘いを受けて、BBQに参加させてもらった」(20代女性)というように、逆に男性ばかりで困っている職場もあるようです。日頃から「いい人紹介して!」とお願いしておけば、なにかの折に声を掛けてもらえるかもしれません。

  • 【3】社内外で女性同士のネットワークを強化し、情報を交換し合う

    「同じ悩みを抱える同僚と団結すれば、耳寄りなネタを入手できそう!」(10代女性)というように、女性ならではの口コミを活用するのも手です。足の引っ張り合いは時間の無駄につながるので、誰かが幸せをものにしたら、素直に祝福してあげましょう。

  • 【4】休日も、なるべく部屋に引きこもらないようにする

    「出歩けばいいことがあるとも限らないけど、家にいるよりはマシ」(20代女性)というように、用事がなくても極力外出したほうがよさそうです。ただし、いかにも「ナンパ待ち」の様子だと、軽い男性ばかり寄って来そうなので、隙を見せるならさりげなくにしましょう。

  • 【5】社会人サークルやビジネス英会話教室などに積極的に通う

    「彼氏とは料理教室で出会ったけど、男性向けの講座ならもっとモテたと思う(笑)」(20代女性)というように、習い事でパートナーを見つける方法です。あくまで自分磨きの目的で参加すれば、たとえ出会いがなくても、それほど落胆せずに済みそうです。

  • 【6】学生時代のツテを頼ったり、同窓会で人脈を広げる

    「みんな自分なりのネットワークを持ってるので、クラス会は実りが多いです」(20代女性)というように、昔の知り合いとのつながりも役立ちそうです。再会した同級生と恋に落ちなくても、これを機に人間関係が広がれば、その分チャンスも増えるでしょう。

  • 【7】同じ趣味の人が集うSNSで、気の合う男性にアプローチする

    「一緒に楽しめる相手だとわかってるし、職場恋愛よりうまくいきそう」(10代女性)というように、普段気軽にやりとりしている人の中に、運命の男性がいる可能性もあります。話が尽きない相手がいるなら、一歩踏み込んでみてもいいでしょう。

  • 【8】合コンに誘われたら、選り好みせず話に乗る

    「男性と話す機会が本当に少ないので、成果がなさそうでもとりあえず行ってみる」(20代女性)というように、勝手に結果を予想して、チャンスを棒に振るのはもったいないかもしれません。「どうせ今回も…」と暗い顔でのぞんで、魅力を半減させないようにしましょう。

  • 【9】婚活に本腰を入れ、パーティやイベントに極力参加する

    「同じような職場でも結婚できた人は大勢いるんだし、方法はあるはず!」(20代女性)というように、生涯の伴侶を見つけたいなら、目的を絞って出会いを求めてもよさそうです。「このままではマズい!」と本気で不安になったら、始め時かもしれません。

長い時間を過ごす職場で出会いが見込めないのはたしかに不利ですが、工夫の余地はありそうです。諦めずに外に目を向けてみましょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年4月28日から29日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock