悪気はなくてもNG!失恋男子をウンザリさせる慰め方9パターン


意外にも、恋愛に限っては女子よりも男子のほうが繊細でハートが弱いもの。男友達が失恋したときは、丁寧に扱ってあげないと信頼を失ったり逆恨みされるおそれがあるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性409名に聞いたアンケートを参考に「悪気はなくてもNG!失恋男子をウンザリさせる慰め方」をご紹介いたします。

  • 【1】「まあ、よくあることだよ」と、他人事のように言い放つ

    「テキトーなことを言われるとイラっとする」(10代男性)など、失恋を軽く見るような発言は、相手の神経を逆なでする可能性があります。実際に平凡な別れ話だったとしても、まずは「大丈夫?」と声をかけて気遣ってあげましょう。

  • 【2】「こうなると思ってたよ」と、上から目線の感想を述べる

    「『こいつは何様なんだ』と、怒りを感じる」(20代男性)など、すべてを見透かしたような態度が反感を買うパターンです。本心は違っても、「信じられない。すごく残念だよ」と痛みを分かち合ってあげるのが優しさではないでしょうか。

  • 【3】「あんな女と付き合ったのが失敗だったね」と、元カノの悪口を言う

    「好きだった人をけなされると普通にムカつく」(10代男性)など、失恋の傷を和らげるために元カノを批判しても、逆効果になるかもしれません。「元カノさん、こんないい男を捨てるなんてもったいない」と本人を褒める方向に言い換えましょう。

  • 【4】「あんたは女の気持ちが分かっていないから」と、説教を始める

    「反省すべき点は他人に言われなくても分かってるから、黙っててほしい」(20代男性)など、落ち込みモードの相手にダメ出しをしてもウザいと思われるのがオチです。「あなたは悪くないよ。頑張ってたじゃん」と、交際期間中の努力を労ってあげましょう。

  • 【5】「私の失恋話のほうがヒドいから」と、自分のことをベラベラとしゃべる

    「他人の話を持ち出されても、『関係ねーし!』としか思えない」(10代男性)など、不幸自慢で対抗しようとしても、空回りしてしまいます。「うんうん」「分かるよ」とひたすら相づちを打ち、たっぷりグチを吐かせたほうが気分をラクにしてあげられるでしょう。

  • 【6】「男だったらクヨクヨすんなよー」と、男性論で片付けようとする

    「弱さを理解してくれない友達なんていらない」(10代男性)など、失恋したばかりの相手に「強い男」であることを求めると、信頼を失うかもしれません。「私の前では弱音吐いていいよ」と包容力をアピールしたほうが感謝されるのではないでしょうか。

  • 【7】「女は星の数ほどいるよ」と、無責任な決まり文句を言う

    「どこかで聞いたことのあるような格言にはしらけますね」(10代男性)など、使い古されたフレーズを引用してもリアルな失恋の傷は癒せないようです。うまいことを言おうとして墓穴を掘るくらいなら、黙ってそばに寄り添ったほうがずっとマシでしょう。

  • 【8】「私と付き合えばいいじゃん」と、不意に自己アピールを始める

    「こっちの失恋を利用されているみたいで不快になるかも」(20代男性)など、ここぞとばかりに「次の彼女」に立候補しても、間が悪すぎて当惑されるかもしれません。「私だったらあなたを悲しませないけどな」などと遠回しな表現に留めて様子を見たいところです。

  • 【9】「はいはい、かわいそうでちゅねー」と、子どもを扱うような態度を見せる

    「舐められている気分になる」(20代男性)など、母性本能の出し方を間違えると、「バカにされた」と受け止められるおそれがあります。妙なテンションで接するよりも、何も言わずに背中をさすってあげたほうが、相手も甘えやすくなるでしょう。

総合的に、失恋して落ち込む男子に軽いノリの慰め方は不評のようです。相手の話をよく聞いたうえで、共感を示して信頼関係を深めましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2015年1月8日から15日まで
対象:合計409名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock