「俺、肉食系だから」と自分から宣言する男性の真意9パターン


年頃の男子は意味不明な自己アピールを口走ることがありますが、なかでも理解に苦しむのが「肉食系宣言」です。彼らの発言には、いったいどんな意図があるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性136名に聞いたアンケートを参考に「『俺、肉食系だから」と自分から宣言する男性の真意」をご紹介いたします。

  • 【1】「君のこと狙ってるよ」と意思表示をしたい

    「これからガンガン攻めるために、事前に予告しておきたい」(20代男性)というように、肉食系アピールには宣戦布告の意味が含まれているようです。とりあえず「怖いんですけど…」と引き気味にリアクションすると、ガードの固さが伝わり、舐められずに済むでしょう。

  • 【2】「こう見えてワイルドだから」と女子の前でかっこつけたい

    「悪っぽく見せたほうがモテる気がする」(10代男性)というように、セルフプロデュースの一環として肉食系のフリをしているパターンです。「私は優しい人が好き」などと自分の好みを告げれば、間違った頑張りを軌道修正してあげられるかもしれません。

  • 【3】「経験人数豊富ですよ」とモテを匂わせたい

    「少しでも自分を大きく見せたい」(20代男性)というように、肉食系を気取ることで、オスとしてのランクが上がると期待している男性もいます。「つまり、チャラいってこと?」と突っ込みを入れて、安直な考えに疑問を呈してみてもいいでしょう。

  • 【4】「君のカラダが目的ですよ」と女子に警告しておきたい

    「あとから文句を言わないでほしいから」(20代男性)というように、あえて下衆な一面を匂わせることで、割り切った交際に持ち込もうとしているケースです。「結婚前提じゃないと付き合えない」などと重たい条件を突きつければ、不埒な男性は逃げて行くのではないでしょうか。

  • 【5】「本当はナヨナヨしているんだけど…」という自信のなさを隠したい

    「正体はバリバリの草食系だとバレたくない」(10代男性)というように、恋愛に逃げ腰な自分を奮起させるために虚勢を張っているパターンです。「ふーん。別に私は何系でもいいんだけど」とさらっと返せば、安心して素顔を見せてくるかもしれません。

  • 【6】「面倒くさい恋愛が嫌いです」というサバサバ感をアピールしたい

    「チマチマと関係を発展させるのは性に合わないと知らせたい」(20代男性)というように、恋愛におけるスタンスを表現している場合もあります。「連絡はマメなタイプ?」などと具体的な質問をすると、相手の人間性を見極められそうです。

  • 【7】「今から下ネタ言うからね」と、話の方向性を示しておきたい

    「肉食と断っておけばエロい話をしても許されそうだから」(20代男性)というように、肉食系アピールが下ネタの免罪符になると思っているケースです。「サワヤカな彼氏が欲しい」と突き放せば、下品な会話をしたがるような男性を牽制できるかもしれません。

  • 【8】「体育会キャラだと思ってね」と肉体派を演出したい

    「ひ弱な草食系男子とは同じにしないでほしい」(10代男性)というように、単に体力自慢のつもりで肉食系を名乗る男性もいます。「へえ、男らしい人なんだー」と適当に返すだけで満足してもらえそうなので、ある意味扱いやすいキャラだと言えるでしょう。

  • 【9】「むっつりスケベじゃない俺って清々しいでしょ」と潔さを見せたい

    「変に下心を隠さないことが、逆にサワヤカなんじゃないかと思う」(20代男性)というように、肉食系アピールで女性からの好感度が上がると思い込んでいるパターンです。自分に酔ったナルシストの可能性が高いので、一定の距離をキープして様子を見たいところです。

総合的に、男性の肉食系アピールには「モテたい」という下心が少なからず隠れているようです。傷つけられないように、気を引き締めて接しましょう。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計136名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock