本当はフツジョなのに…ハードル高そうと敬遠される女性9パターン


ちまたでは一番モテると言われる「普通の女の子」。普通なのに男ウケが悪い女性は、何かの理由で「俺の手には負えなそう」とおかしな誤解をされているのかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性136名に聞いたアンケートを参考に「本当はフツジョなのに…ハードル高そうと敬遠される女性」をご紹介いたします。

  • 【1】ギャルファッションを好むなど、遊び慣れていそうな見た目の女性

    「付き合った人数が二桁いってそう」(20代男性)というように、特に肉食でもない普通の男性は、ギャル系の見た目というだけで偏見を持ってしまうことがあるようです。「料理が好き」「ハイキングが好き」など、見た目のイメージを裏切るギャップがあると、リアクションが変わるかもしれません。

  • 【2】海外で放浪した経験があるなど、心身ともに強そうな女性

    「ハワイしか行ったことないので、海外一人旅なんて信じられん」(20代男性)というように、国外を渡り歩いた経験を「たくましすぎる」と見る男性もいるようです。とはいえヤワな男に媚びたくないのなら、同じくグローバルな男性を探してはいかがでしょうか。

  • 【3】仕事や学業で、優秀な成績をおさめている女性

    「何も勝てるところがないと、気が引けます」(10代男性)というように、優等生タイプの女性は、男性に引け目を感じさせてしまうようです。秀才っぽく見られがちな人は、「お笑い番組好き」「かなりドジ」といった親しみやすい一面を見せていくといいでしょう。

  • 【4】コミュニケーション能力が高く、言葉遣いがしっかりしている女性

    「営業口調でハキハキ話す女の子には『ガード堅っ!』と思います」(20代男性)というように、物腰がきちんとしていてトークも完璧だと、むしろ男性を尻ごみさせてしまうことがあるようです。仲が良くなったらタメ口に変えるなど、相手に応じてくだけたところを見せてもいいかもしれません。

  • 【5】超有名ブランドで身を固めている女性

    「仮に付き合ったとして、おねだりされたら大変」(20代男性)というように、着ている服のせいで「お金のかかりそうな女だ」と決めつけられるパターンです。合コンなど男性が集まる場では、これ見よがしに高そうなアイテムを身に着けないほうがいいでしょう。

  • 【6】「年収1000万円の人と付き合いたい」など、高めの理想を公言する女性

    「合コンに来ているメンバーの誰も該当しないんですけど」(20代男性)というように、男性への要望が高すぎて敬遠されるパターンです。本音はともかく、年収や学歴などを男性の条件に掲げるのは、あまり得策ではなさそうです。

  • 【7】「俳優の○○が好き」など、イケメンが好みだと触れ回る女性

    「アニメの男前キャラとかに比べられたらどうしようもない」(10代男性)というように、男性に求める顔面レベルが高すぎるのも、尻込みさせる原因になるようです。見た目についてだけでなく、「冷たそうに見えて本当は優しい人が好き」などと、内面への期待も語ってみてはいかがでしょうか。

  • 【8】自分で「肉食系女子」と言ってしまうなど、大胆な女性

    「付き合った人数2人の僕じゃ、力不足だろうなって思います」(20代男性)というように、恋愛に積極的だとみずから語る女性も、男性をたじろがせてしまうようです。恋愛経験について聞かれたときは、「人並みです」などとボカしておくのが無難そうです。

  • 【9】どことなく暗く、瞳の奥に闇を感じさせる女性

    「ヘラヘラと生きてきた自分では太刀打ちできない気がします」(20代男性)というように、男性が勝手に「一筋縄ではいかない何か」を嗅ぎ取って避けるケースです。表情が明るければ変に深読みされることもないはずなので、男性の前では終始にこやかに振る舞うようにしましょう。

男性はちょっとしたことがきっかけで腰がひけてしまいます。普通をアピールしつつ、「付け入るスキ」を見せることが大事なのかもしれません。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計136名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock