さわやかに「彼氏募集中!」とアピールできる自己紹介9パターン


高校生になったらステキな恋がしたい!と思う人は多いはず。でも、自己紹介でストレートに「彼氏が欲しいです!」と宣言してしまうと、「男好き」のレッテルを貼られてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性386名に聞いたアンケートを参考に「さわやかに『彼氏募集中!』とアピールできる自己紹介」をご紹介します。

  • 【1】「女子とも男子とも仲良くなりたいです」と友達募集にウェイトを置く

    「よくあるセリフだけど、男子も声を掛けて!って気持ちは伝わると思う」(10代女性)というように、「欲しいのは友達だが、男女は問わない」とアピールする方法です。「いろんな人と仲良くしたい」とひとくくりにせず、「男子」と明言するのがミソでしょう。

  • 【2】「サバサバしてるとよく言われます」と親しみやすさを強調する

    「容姿でモテるタイプじゃないから、フレンドリーな方向で!」(10代女性)というように、気さくなイメージで押すのもよさそうです。ただし、男友達と同列に扱われないよう、異性を感じさせる工夫は必要でしょう。

  • 【3】「サッカー観戦にはまってます!」と一緒に楽しめそうな趣味を明かす

    「自分の好きなことを女の子と楽しめるなら、男子は大歓迎では?」(20代女性)というように、スポーツやゲームなど、男性が好みそうな話題を挙げると好印象かもしれません。「興味がある」と伝えるだけでも、同好の男子から注目してもらえそうです。

  • 【4】「ギターとか弾ける男子がいたら習いたいです」と教えを乞う

    「『スマホが苦手』とふざけて言ったら、3人も教えにきてくれた(笑)」(10代女性)というように、男子に助けを求める言い方も効果がありそうです。「お礼に編み物を教えるんで…」などと冗談めかしてメリットも提示しましょう。

  • 【5】「休みの日はヒマしてます」とフリーであることをほのめかす

    「誘われやすくしておくのは大事!彼氏がいないこともわかるはず」(10代女性)というように、隙を見せて、遠回しに「彼氏募集中」だと匂わせる方法です。もし女子からしか声が掛からなくても、そこからチャンスが広がる可能性もあるでしょう。

  • 【6】「料理が好きで、お弁当は自作です」と女子力を前面に出す

    「自分の中のかわいい部分を探して、多少盛りつつアピール!」(10代女性)というように、モテ要素をウリにするのもいいでしょう。ただし、あまりにも事実と異なる自己紹介をすると、あとで自らの首を絞めることになるので気をつけたいところです。

  • 【7】「みんなでお花見しませんか?」と自分からきっかけを作る

    「おとなしめの男子が多いなら、思い切ってイベントを企画するのもアリかも」(20代女性)というように、初対面同士が交流しやすい場を提案する手もあります。彼氏云々はさておき、クラスメイトと打ち解けられるだけでも大きな収穫でしょう。

  • 【8】「友達もですが、彼氏も絶賛募集中です!」と冗談半分でぶっちゃける

    「わざと軽いノリで言えば、引かれないのでは!」(10代女性)というように、笑いにくるんで本音を明かせば、重く受け止められずに済むかもしれません。理想のタイプなどを語りすぎると本気っぽさが増してしまうので、早めに次の話題に移ってしまいましょう。

  • 【9】「部活したり恋愛したり、楽しい高校生活を送りたいです」と素直に語る

    「やりたいことのひとつとして挙げれば、共感してもらえそう」(10代女性)というように、勉強やクラブ活動と同レベルで「彼氏」を語る方法です。「あと、恋愛とかもしてみたいです」と思い出したように加えれば、最優先の願望だとは思われないでしょう。

「彼氏募集中」を前面に出すのは、やはり控えたほうがいいようです。恋愛に興味がない男子は少なそうなので、明るくオープンな自己紹介を心掛ければ、十分「恋愛対象」として見てもらえるでしょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計386名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock