男性が思い込みがちな「女らしさの幻想」9パターン


古くから「女らしさ」は女性の魅力のひとつですが、男性が女性に対して期待している「女らしさ」のイメージには、画一的でリアリティに欠けていたり、対応に困ってしまうものも少なくないようです。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「男性が思い込みがちな『女らしさの幻想』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】できて当然だと思われがちな「料理上手」

    「興味もセンスもないから、彼氏に『何か作って』とか言われると本気で困る」(20代女性)など、「女性はみんな料理上手」という男性の思い込みは、料理が苦手な女性を困らせるようです。一品だけ得意料理を持つなど、最低限の技術を覚えておくと安心でしょう。

  • 【2】生物的に不可能な「おならをしない」

    「人間だから当然なのに、彼氏に聞かれたら恋が終わりそう」(10代女性)など、「女性は人前でおならをしない」というイメージに苦しんでいる女性も多いようです。ただし、付き合う期間が長くなれば、気にしなくなる男性も増えそうです。

  • 【3】ピンク色やぬいぐるみなど「可愛い物が好き」

    「誕生日にフリル付きのぬいぐるみを贈られても…。いつまで少女趣味じゃなきゃいけないの?」(20代女性)など、コテコテの可愛いプレゼントを貰って困る女性は多いようです。日頃から自分の嗜好をアピールして、好みを理解してもらうとよさそうです。

  • 【4】ムダ毛などがない「つるつるスベスベの肌」

    「一年中パーフェクトな処理をするなんて無理!」(20代女性)など、体質によっても異なる肌の手入れに完璧を求められることは、女性の悩みの種のようです。つるつる肌を常時キープするのは大変な努力がいることを説明して、彼氏にわかってもらうとよいでしょう。

  • 【5】分かりやすい反応で「下ネタを恥ずかしがる」

    「別に下ネタは嫌いじゃないのに、空気を読んで反応しなきゃいけないのが面倒」(20代女性)など、男性の下ネタに対してうぶな反応を期待されるのがおっくうな女性もいるようです。からかい半分の下ネタに対しては、堂々と無視してもよいでしょう。

  • 【6】料理の取り分け、男性を立てるなどの「気配り上手」

    「『女だから』っていう理由で期待されても困る」(20代女性)など、周囲への過剰な気配りを求められることに負担を感じる女性は少なくないようです。どうしても苦手なことに対しては、「空気を読めないフリ」をしてスルーするのも効果的でしょう。

  • 【7】身の回りが常に整理整頓されている「キレイ好き」

    「多少散らかっていても別に気にならない」(20代女性)など、特に完璧主義でない女性は、普通以上の「キレイ好き」を求められることに違和感があるようです。身近な人から指摘されるなら、「どうやったらキレイになるか教えて」と聞いてみるとよいかもしれません。

  • 【8】重いものなどを持てない「力が弱い」

    「あまり甘えるのが好きじゃない。自分の荷物は自分で持ちます」(20代女性)など、男性から過剰に「か弱い女性」と思われることを好まない女性もいるようです。荷物を運ぶ時は、あらかじめ「意外と力あるから平気だよ」など、一言伝えるとよいでしょう。

  • 【9】ケーキなどのスイーツに目がない「甘いもの好き」

    「辛党でお酒好きなのに、スイーツ食べ放題のデートに誘われても…」(20代女性)など、「女性は甘いもの好き」というイメージに困っている辛党女性もいるようです。激辛料理を食べに行くデートを提案するなど、自分の好みを伝えるとよいでしょう。

ほかにも、「男性が思い込みがちな『女らしさの幻想』」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock