お局様に目をつけられる!社会人初日のNGコーデ9パターン


人は見た目ではありませんが、仕事をするうえでは外見にも気を配る必要があるようです。では、どんな見た目だと先輩女子から白い目で見られてしまうのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性429名に聞いたアンケートを参考に「お局様に目をつけられる!社会人初日のNGコーデ」をご紹介します。

  • 【1】脚線美を強調した「ミニスカート」

    「『スカート丈短くない?』って学校の先生みたいに怒られた」(20代女性)というように、短いスカートはお局様を刺激する悪材料になりそうです。オフィスファッションは一種の制服のようなものだと考えて、自分の好みや男ウケよりも、「まわりに受け入れられやすいこと」を優先するのが無難でしょう。

  • 【2】小悪魔っぽい「ピンクブラウンの巻き髪」

    「『ウチは堅い業種だから…』とやんわり釘を刺されました」(20代女性)というように、女子っぽさを強調する甘い色合いの巻き髪スタイルは、職場のカラーによっては先輩にダメ出しを食らうようです。せめて一つにまとめたり、編み込みにしたりすれば、チャラチャラしたイメージからは遠ざかるのではないでしょうか。

  • 【3】トレンドを意識した「シースルーのトップス」

    「お局さん世代には、シースルーはセクシーだって思い込みがある気がする」(10代女性)というように、最近ではカジュアルなスタイルにも透け感のある素材が取り入れられますが、いまだに特別なものだと捉える人もいるようです。オフィスではカーディガンを羽織って、シースルーの印象を抑えましょう。

  • 【4】胸元が大胆に開いた「開襟シャツ」

    「ジャケットの下に着てても『何考えてるの?』とネチネチ言われた…」(20代女性)というように、自分ではカチッとした格好をしたつもりでも、胸元が開いているとNG判定を受ける場合があるようです。少し垢抜けないと感じられても、首元までボタンを留められるシャツを選ぶのが賢明でしょう。

  • 【5】外回りには不向きな「高めのヒール」

    「『仕事する気あるの!?』って怒られちゃった(苦笑)」(10代女性)というように、特に営業職など外出が多い女性は、靴選びがポイントとなるようです。ファッションにこだわりがあるのなら、通勤中にはく靴と仕事中にはく靴を使い分けてもいいかもしれません。

  • 【6】子どもっぽい「大きなリボンカチューシャ」

    「『まだ学生気分ね』と嫌味を言われました」(10代女性)というように、目立ちすぎる髪飾りは、お局様の格好の標的となるようです。取り外しが簡単なのがカチューシャの良さなので、無難なゆるい巻き髪にして、オフィス内では外しておくといいでしょう。

  • 【7】手が気になって仕方ない「派手なネイル」

    「名刺交換のときに注意された」(20代女性)というように、あまりにゴテゴテしたネイルが目をつけられることもあるでしょう。職場によって考え方が分かれるところなので、初日は淡いピンクのマニキュア程度にして、ほかの女性社員の様子を見てからデザインを決めると良さそうです。

  • 【8】先輩よりも格上の「高級ブランドバッグ」

    「自分より高いっていうのが気に入らなかったみたい」(20代女性)というように、有名ブランドのバッグは値段を推測しやすいので、勝手に「負けた…」と苛立たれることもあるようです。あまり値の張るものは、会社に持っていかないほうが身のためかもしれません。

  • 【9】レンズが入っていない「おしゃれ伊達メガネ」

    「『それ必要?』って言われちゃった(苦笑)」(20代女性)というように、「おしゃれアイテム」として浸透している伊達メガネですが、会社では意味が分からないと思われることもあるようです。度は入っていなくても、レンズがあれば「紫外線カットのため」「パソコン用」などの言い訳ができるでしょう。

「郷に入れば郷に従え」という言葉もあります。初日は無難なファッションで様子を見て、徐々に自分らしさを表現してはいかがでしょうか。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計429名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock