好きバレが逆効果になっちゃう男性心理9パターン


自分の気持ちが相手に筒抜けになる「好きバレ」は、恋の駆け引きの過程で起こりうることですが、状況によっては、正式な告白を果たす前に避けられる原因になってしまうことがあるようです。世の男性が情熱的なアプローチを敬遠するのは、一体なぜなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性500名に聞いたアンケートを参考に「好きバレが逆効果になっちゃう男性心理とは?」をご紹介します。

  • 【1】友人にからかわれたり、気を使われるのが恥ずかしいから

    「ニヤニヤしながら見守られてる感じが居心地悪すぎる!」(10代男性)というように、他人の目が気になって、いたたまれなくなるケースです。この場合、好きとも嫌いとも言われていない状態なので、こっそりアピールを続ければ、チャンスはまだありそうです。

  • 【2】女性が自分の「好きなタイプ」とはかけ離れているから

    「相手にピンとこなかったら、早めに距離を置くようにする」(20代男性)というように、「好みじゃないから恋愛対象外」と見なされている可能性もあります。どんなタイプがストライクなのか事前リサーチするのはもちろん、それに応じたキャラ設定で近づくのが賢明かもしれません。

  • 【3】自分に対するイメージがよすぎて、気後れするから

    「実物を知って『なんか違う…』とガッカリされたら、地味に傷つきそうなので」(10代男性)というように、相手を神格化しすぎても、自己防衛のために距離を置かれてしまうようです。男性のことをよく知らないうちはイメージばかり先行しそうなので、自制しましょう。

  • 【4】好意の示し方があけすけで、逆に興ざめするから

    「『二人だけの秘密』とかがあるからこそ、ドキドキするわけで!」(10代男性)というように、好きオーラが全開だと、恋愛モード以前にネタ扱いされてしまうおそれがあります。とはいえ、奥手な男性が相手なら、ときにはわかりやすい感情表現も必要でしょう。

  • 【5】「付き合えない事情」をしつこく聞かれたら面倒だから

    「押しの強い女性ってなかなか諦めてくれなそう。話がこじれる前に回避したい」(20代男性)というように、執念深いのでは…と煙たがられるパターンです。グイグイ押しまくるだけだと警戒されてしまうので、相手の反応をうかがう心の余裕も持ちたいものです。

  • 【6】追われるより、追うほうが好きなタチだから

    「気持ちは嬉しいけど、言い寄られてもあまり燃えないんですよね…」(20代男性)というように、迫られるほど逃げたくなる男性もいます。相手の性質を逆手に取れば、思わせぶりな態度を取って、こちらを追いたくなるよう仕向けることも可能でしょう。

  • 【7】「好きな子がいる」と知られたら、よけいにヒートアップされそうだから

    「正直に返答して人間関係が壊れるくらいなら、黙って逃亡します」(20代男性)というように、冷静に先を見越して「告白回避」を選ぶケースです。あたりまえですが、相手に意中の女性がいる可能性は頭の片隅に置いたほうがいいでしょう。

  • 【8】正式に告白されたら、強引に言い寄られてしまいそうだから

    「勢いでOKしたくないので、いいムードにならないように全力で阻止する」(10代男性)というように、男性サイドの心の準備が追いついていないと、ガードを固められてしまいそうです。押すばかりでなく、相手の様子を見ながら引くことも大切でしょう。

  • 【9】女性の気持ちが重すぎて、怖いから

    「もし付き合っても嫉妬とかがすごそうだし、ちょっと落ち着いてほしい!」(10代男性)というように、片思いの段階で盲目的に愛を向けてゾッとされるのは、あり得る事態かもしれません。自分がされたらどう感じるかを想像すると、加減がつかめるでしょう。

自分本位の好きアピールを浴びせられて、好感を抱く男性は少ないかもしれません。たとえ片思いだとしても、相手とのコミュニケーションを意識しながら好意を示す必要がありそうです。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年4月28日から29日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock