「ぶりっこ過ぎだろ」と男性がツッコみたくなる振る舞い9パターン


目が合ったら微笑んだり少し甘えてみたり、女の子らしい女性に男性は弱いもの。とはいえ、極端なアピールには、「ぶりっこ過ぎる…」と男性が呆れてしまう場合がありそうです。そこで、『スゴレン』男性読者に聞いた「『ぶりっこ過ぎだろ』と男性がツッコみたくなる振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】自分のことを「私」ではなく、名前で呼ぶ。

    「いい年して自分のことを名前で呼んでるのを見ると、痛々しい」(20代男性)などの意見から、一人称が自分の名前の女性にちょっと引く男性は多いようです。「私」と呼んだほうが、男性も違和感なく接せられるでしょう。

  • 【2】男性としゃべるときだけ、声が異様に高くなる。

    「多少ならわかるけど、完全に作ってる猫なで声には苦笑いしかできない」(10代男性)のように、女性の声の変化に気づき、呆れる男性も多いようです。声を高くするより、話し方を上品にするほうが男性ウケはいいかもしれません。

  • 【3】男性のつまらない話にも、オーバーなリアクションをする。

    「『すごーい!』とか大げさに言うけど、絶対思ってないでしょって感じる」(20代男性)というように、女性の派手なリアクションの真意を冷静に分析する男性もいます。男性のありふれた話にまで派手な反応をするのは、逆効果のようです。

  • 【4】男性に頼みごとをするときに、アヒル口で上目遣いをする。

    「あからさまに『かわいいでしょ』って言ってるみたいで、ツッコみたくなる」(40代男性)という意見から、「アヒル口」と「上目遣い」という2つのかわいいアピールの併用はあまり意味がないようです。どちらか一方だけにしておきましょう。

  • 【5】「あのねー、この間ねー」のように、話すとき常に語尾を伸ばす。

    「話しててイラッとくるし、後々普通に話されたらドン引き」(10代男性)というように、徐々に本性が見えてくることで、男性は幻滅してしまうようです。本性を出して墓穴を掘らないように、普通に接したほうがよさそうです。

  • 【6】「重くて持てなーい」と、かよわさをアピールする。

    「『普通持てるだろ』ってものを『持てない』って騒いでるとイライラする」(10代男性)のように、過度なかよわさアピールは、男性をいらつかせてしまうようです。本気で持てない重い荷物があったときに頼れば、男性も喜ぶでしょう。

  • 【7】男性からのささいな質問に対しても、極端に首をかしげて考える。

    「考えるほどでもない質問で首をかしげても、かわいこぶってるとしか思えない」(20代男性)というように、さりげないしぐさもやり過ぎるとぶりっこに見えるようです。小首をかしげるなどのかわいく見えるしぐさも、ときどきやるから効果があるのでしょう。

  • 【8】熱い飲み物やスープを「フーフー」と言って冷ます。

    「フーフー」と言いながら冷ます姿に、「『息吹きかけるだけで声はいらないでしょ!』って逆に笑える」(30代男性)と思っている男性もいるようです。食事中は静かに料理を楽しめば、男性に「上品で落ち着いた女性だ」と思ってもらえるでしょう。

  • 【9】「えーと、んーと」と言いながら、ケータイを両手で操作する。

    「わざわざ声を出しながらチマチマ打ってるのが、ものすごくわざとらしい」(20代男性)というように、ケータイの扱い方にわざとらしさを感じる男性もいます。クセの場合は仕方ありませんが、男性の前では素を出したほうが印象はよさそうです。

「『ぶりっこ過ぎだろ』と男性がツッコみたくなる振る舞い」には、ほかにどんなものがあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock