「賢いね!」と理系男子に認められるしゃべり方9パターン


理系の男性は一般的に「論理的な会話」や「筋道の通った説明」を好むもの。感性にまかせた女子トークでは、あなたの良さがいまいち伝わらないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性175名に聞いたアンケートを参考に「『賢いね!』と理系男子に認められるしゃべり方」をご紹介します。

  • 【1】結論を先に話してから説明を始める

    「『何を話そうとしているのか』を最初に述べてほしい。それで興味を持てそうなら、詳細を聞く気になります」(10代男性)というように、まずは結論から話すパターンです。「なぜそうなった?」と途中経過を知りたくなるよう意外性のあるオチをもってくると、ガッチリ気を引けるでしょう。

  • 【2】主観的な感想ばかりでなく、客観的な視点を盛り込む

    「感想ばかりだと単なる日記と同じレベル。客観性があれば人が聞いて面白い話になる」(20代男性)というように、一歩引いた切り口を意識して語るパターンです。もちろん冷静な意見だけでなく、女性らしい情緒たっぷりの感想も織り交ぜるとよいでしょう。

  • 【3】突然脱線したりせず、話と話の関連性をはっきりさせる

    「とっちらかった長話では意味がない。『何がどうしてこうなった』がはっきりわかると助かります」(20代男性)というように、起承転結を明確にするパターンです。急にテーマが飛んだりしないよう、「このエピソードは、さっきの件に関係していて…」などとつながりを丁寧に説明しましょう。

  • 【4】話の情報源や根拠を明示する

    「女子の話って、友だちの友だちの話とかうさんくさいソースが多いけど、出所をはっきりさせてほしい」(10代男性)というように、その話の元ネタを明らかにするパターンです。論拠が確かであれば、おのずと「信憑性が高い」と見なされるので、疑り深いタイプの男子にも真剣に聞いてもらえそうです。

  • 【5】一方的にしゃべるのではなく、相手の理解度を探りながら話を進める

    「こっちが食いついてるかを確認しながら言葉を選んでくれるとうれしい」(20代男性)というように、相手の反応を見ながら話の進め方を考えるパターンです。退屈させないためには、たとえ面白くても不必要な情報をばっさり削ぎ落とす大胆さが求められるでしょう。

  • 【6】即座に否定せず、一度検討してから自分の考えを述べる

    「自分の話を言下に否定されたら辛いけど、ちゃんと聞いたうえでの反論なら受け付けます」(20代男性)というように、フェアな会話を心掛けるパターンです。反対意見を述べるとしても、感性に任せた理由ではなく、合理的な根拠を挙げる必要があるでしょう。

  • 【7】ただ相づちを打つだけでなく質問も挟む

    「『それはどうして?』とか返されると、逆に理解の深さが伝わる」(20代男性)というように、相手の話に質問や反復で応えるパターンです。そのうえで、自分の言葉で感想を述べられたら完璧でしょう。

  • 【8】頭の中に「具体的な映像」が浮かぶよう、たとえ話を吟味する

    「比喩がうまい女子には『やるな』と思う」(20代男性)というように、複雑な話を多面的に説明するパターンです。たとえ話に凝り過ぎてもわけがわからなくなってしまうので、シンプルな例を挙げることが前提でしょう。

  • 【9】ダラダラと続くのではなく、ちゃんとオチらしきものを用意する

    「これは本当に大事。オチがないなら、ないと言って始めてほしい」(10代男性)というように、話の終わりを設定しておくパターンです。「とりあえずしゃべる」のではなく、頭の中で構成してから会話をはじめるよう練習しましょう。

思いつくままに言葉を発するより、相手の受け止め方を想像しながら話すと好印象を与えられるようです。心当たりのある人は、今一度自分の会話パターンを振り返ってみてはいかがでしょうか。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2014年9月9日から16日まで
対象:合計175名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock